お受験の話の相談を受けています

私はこの世界から今遠ざかっているのになぜ?!

現在当事者でない(ライバルになり得ない)からかしら?!

いずれにしても毎日面白い話を聞いています。

いつもは幼小受験の話ばかりなのですが、たまたま小学生の子を持つ友人も同席していて、現在の中学受験事情を伺いました。

私達世代は、今話題になる学校が改名する前のかつての姿を幼い頃から見聞きしてきた最後の世代なのでしょう。

大きく変貌を遂げる姿に驚きつつも、本当にいいのかしら?と懐疑的。
学校は最終学歴を仕上げる為のところではなく、私達のような長く続く友人関係、助け合える関係を築くところであると思っているからです。
やはり伝統校に後ろ髪を引かれる世代です。

最終学歴なんてお金か頭脳があればいくらでもロンダリング出来てしまうものと呟く友人。
某改名後人気校に対して、おばあちゃまを送って行ったお女中さんがお通いになる学校だったのにねえと祖母に言われたわと話す友人。
幼稚園の頃、となりにある某難関共学校は、ぺちゃんこのお鞄とながーいスカートのお姉さんだらけで恐ろしかったわと話す友人。

みんな男の子なら公立小から中学受験もアリだけれど、女の子ならやはり下から、と考えて地道に準備を整えています。
そして、大手だけではなく、個人の先生も並行してキチンと対策。

お受験沼は、ハマるならもうどっぷりと、中途半端が1番だめ!というのは全員一致。

私は少し前に友人もそのご主人も全くの地方出身で、幼稚園受験、小学校受験をしようか迷っているとの相談を受けて、、、しかし2人とも申し訳ないけれど御出身校が地方の。。。
私は分からないからとJかSへのお申込みをオススメしました。
その子の返事は、Sは評判いいの?と。なぜそんなに強気なのかしら?!最早親のスペックの代理戦争のような世界なのに。
幼稚園受験は特に親の受験と言われるくらいだから、むしろどこに行っても多分受かる子は受かると思うよとしか言えませんでした。

小学校受験だって勿論そうです。
まさかあの子が、
やはりあの子が、
受かっても落ちてもありますよね。

そういう意味では、彼女のお家は、中学受験向きだと私はつくづく思うのです。

自分達の社会的、お受験的立場をよく考えて戦略を練る、これは基本ですよね。

お受験だけでなく、就活、婚活、保活全て同じknow-howだと感じる今日この頃なので、友人にもまず説明会やお教室の体験などへの参加を勧めました。百聞は一見にしかずと言いますしね。

仲良しみんなに春が来て、我が家を日本に戻ってきた時にはサクラサクように頑張り続けます〜

****************************************
あとわずかで平成も終わり、大好きな山の上ホテルも一時休館。
軽井沢の万平ホテルの様なノスタルジー溢れるホテルで大好きでした❤️

名残惜しいので、てんぷら山の上へ。
春は山菜もあるし美味しいものが沢山!!
ソラマメのてんぷら美味しかった!
子どもはやはり㊉。
ホクホクしていて最高🤩
私はブランデーを振っていただきました!
やはり出店よりもホテルが1番🏨
とても混んでいて活気がありました!
リニューアルオープンしてもあの素朴さを失わないで欲しいです😍