結婚相談所アドバイザー10年勤務ー田中の結婚相談所ウラ事情
  • 13Jan
    • 結婚相談所で嫌なお相手に当たってしまったときの5つ対処法

      ■対処法その1 「お見合いの練習の場だと割り切る」せっかくお見合いまでたどりついたというのに、はじめから投げやりになってしまってはもったいないです。お相手も期待と不安であなたの前に座っているのですから、できれば有効に時間を使いたいですよね。それでもどうしてもタイプじゃない、好きになれそうもないとなった場合は実地練習と割り切って、どう振る舞えば相手に良い印象をもってもらえるかを考えながら接してみましょう。もしかしたらそうしていく中で、あなた自身でもわからなかった自分の魅力に気が付くかもしれません。またお相手に対して感じよく接することで、その男性の相手の良さも引きだせるかもしれないのです。初めは嫌なお相手だな…と気分がのらないお見合いでも、その会話の中で気持ちが変わるかもしれませんよ。■対処法その2「ひたすら聞き手にまわる」もしお相手がおしゃべり好きな方であれば、あなた自身がお話好きであったとしてもそこはぐっとこらえて、とにかく耳を傾ける振りをしてください。こういうタイプはとにかく話を聞いてもらうだけで満足なのです。あなたは頭の中では聞き流す程度で、笑顔で相槌さえ打てば良いのです。下手なつっこみや、意見をする必要はないときっぱり頭を切り替えて、おおらかな気持ちで臨みましょう。■対処法その3「食べ物の話題で盛り上げる」もしお相手があまりお話をしてくれない人だった場合、お見合いの席での沈黙はとてもつらいですよね。趣味の話は、ひとそれぞれ好き嫌いがありますし、あまりマニアックな話題を振ってもさらに沈黙が深まるばかりです。そこは究極の共通ポイントをさがしましょう。例えば食事をしない人はいないですよね。好きな食べ物をきくのではなく、今日は何を食べてきましたか?夕べは何を食べましたか?そういったところから共通点を見つけていくのも良いかと思います。とにかくより具体的に相手が答えやすい質問を出すことで、一歩会話が進むはずです。そこで以外な共通点が見つかって話も盛り上がるかもしれません。なぜ自分がここまで気を遣わないとならないんだ?という疑問は捨ててください。今後あなたにとってこういった気の使い方は本命が現れた時の大きな武器になるはずです。■対処法その4「解せぬところは沈黙してみる」会話の端々であなたが不快になるようなことを言ってくる人、いますよね。そういった方にうっかり同調するふりをしてしまうと、その場はやりすごすことができても、後からどんどんしんどくなってしまいます。しかし初めて会ったお相手に対して、あからさまに指摘するのはさすがに難しいかとおもいます。また、お相手も緊張していて余計なことを口走っているだけの可能性もあるのです。まだあなたの心の中で結論を出すのが早いかもしれないとおもったら、今後もかんがえると、できれば直してもらいたいですよね。その場合は、気になるポイントはきっちりと「無言」の圧で訴えましょう。終始ニコニコしていたのが、真顔になるだけでも効果があります。お相手がそれにたいして全く気が付かないようであれば相性が悪かったと言わざるを得ません。気が付いてもらうためにはニコニコ笑顔とのギャップです。一貫してむすっとしていては、相手に伝わるものも伝わらなくなってしまいます。とにかく初めてのお見合いであれば、あなたの明確な意思は言葉でなく、態度で表してみると良いでしょう。■対処法その5「はじめから予定がつまっていることをお伝えする」あった瞬間のファーストインプレッションで、どうしてもタイプじゃないお相手だった場合、この後予定があるということをお伝えして、終了時間をきめておきましょう。残念ですがこの場合はだらだらと過ごしても仕方がないです。それで相手があなたに対して悪い印象をもったり、つっけんどんな態度をとるようであればすかさずお茶を切り上げるぐらいのメンタルの強さで臨んでください。もともと相性が合わなかったんだと思えば、気持ちも切り替えられるはずです。ただこの方法は最終手段です。会話をする中でもしかしたら意外と自分のタイプだったりするケースもあるものです。最初から決めつけてしまうのは、自らチャンスを断ち切っているようなもの。遅刻してきても謝らない人や、お見合い場所のカフェの店員さんへの態度があきらかに横柄な人というように、最低限のマナーに欠ける決定的なマイナスポイントが無い限りはやらないほうがよいでしょう。とにかくお見合いの場では、お相手も同じくあなたのことをジャッジしているわけです。また、期待と不安は同じようにもっているのです。あなたは面接官ではありません。1つの家庭を作り上げていく同士として、どうやったら幸せになれるか、この人になら協力したい、そしてお相手からもあなたと協力していきたいという気持ちを持ってもらえるかにかかります。そこを忘れずに、おおらかな気持ちで臨んでくださいね。

  • 26Dec
    • 結婚相談所選びの5つのポイントを解説!

      ■結婚相談所とは結婚相談所は、結婚を望む独身の男女の会員に出会いの場を提供して、様々な調整やフォローをおこないます。現在はより手軽な婚活アプリやマッチングサービスがありますが、ある一定以上の年代の人にとってはまだまだ心強い存在なのです。しかし「婚活疲れ」という言葉があるように、なかなか成婚できない人たちが精神的にも経済的にも疲れはててしまうことがあります。これは、誤った結婚相談所選びをしてしまっている可能性があります。だからこそどのような結婚相談所を選ぶかによって、ゴールへの道のりが変わってきます。ここでは、結婚相談所を選ぶ際のポイントを紹介していきます。結婚相談所を利用しようと考えているならば、必見の内容です。■①会員数とクオリティ普通は会員数が多いほど出会いのチャンスが訪れると考えますが、そのクオリティも重要です。実働会員はどの程度いるのか、男女比率が極端に偏っていないか、年齢層は自分にあっているかなど、会員数の多さ以外にも注目すべき点はいくつもあります。入会はしているものの休眠状態の会員が多い場合、会員数が多く選択肢がありそうに見えてもそれはまやかしです。■②結婚相談所こシステムとどのようなサポートが受けられるか結婚相談所によって出会いを提供するシステムは異なります。例えば相手に望む条件から自分で検索して見つける場合と、結婚相談所に任せて紹介してもらう場合があります。また相手とのやり取りの間に担当者が入るのか、本人たちで直接やり取りをおこなうのかなども様々なパターンがあります。どのシステムが優れているというわけではありませんが、自分に合ったシステムを採用している結婚相談所を選びましょう。そして、人間同士のやり取りですので悩みやトラブルは付き物です。そういったときにサポートしてもらえるのかどうかも重要です。■③「成婚」の定義の違い実は「成婚」の定義も結婚相談所によってまちまちです。「婚約」が成婚なのか「真剣交際のスタート」が成婚なのかは大きな違いがあります。もちろん「婚約」の方がハードルが高いのは言うまでもありません。そして結婚相談所を選ぶ際に「成婚率の高さ」を重視することがありますが、この「成婚率」がどちらの定義に基づくものなのかも大切なことです。■④担当者の人柄や相性結婚相談所では多くの場合、会員には「担当者」がつきますが、その人柄や相性によって気持ちよく利用できるか否かが変わってきます。担当者との相性は会ってみなければわかりませんので、入会を決める前に実際に担当者に会ってみたり、ホームページなどでチェックしてみるとよいでしょう。担当者は成婚までの道のりを共に歩むことになるひとなので、温かみがある人柄なのか、困ったときに頼りになるのかどうかも重要です。出来ることならば経験豊富なベテランが担当者だと心強いでしょう。■⑤料金システム結婚相談所の料金体系は様々ですが、金額としては決して安くない額です。かといって、安い料金がよい結婚相談所とも限りません。自分が幾らまでなら出せるのか、その料金に見合ったサービスやサポートを受けられそうなのか…という点にも注目しましょう。安い料金の結婚相談所に入会したけれど、ろくなサービスを受けられずその結果成婚出来なかったとなれば、支払ったお金の全てが無駄になります。そういった意味でも、結婚相談所の料金の相場を知っておくことや、複数の結婚相談所を比較することは判断材料になるためおすすめです。そして何よりも大切なのが、その料金システムを自分が理解していることです。なかには複雑な料金システムで言われるがままに従っていたところ、いつの間にか高額になってしまったというパターンもありますので、出来るだけわかりやすい結婚相談所を選びましょう。■まとめ結婚したいと望みつつ自力では実現できそうにない…、そんなひとの駆け込み寺ともいえる存在が結婚相談所です。しかし世の中にはあまりにも多くの結婚相談所があり、違いがわからなかったりどこを選んでよいのかわからないひともいるでしょう。そんな方のために「会員数とクオリティ」「システムの違いとサポート体制」「成婚をどのように定義しているか」「担当者の人柄や相性」「料金」の5項目に絞って解説しました。どのような結婚相談所を選ぶかは個人の価値観や何を重視するかによって変わってきますので、正解はありません。ただ、ネット上にある結婚相談所利用者の口コミなどは判断材料のひとつになるでしょう。また人間同士のやり取りになりますので、実際に担当者に会ってみなければわからないこともたくさんあります。そこでおすすめしたいのが「無料体験」です。その内容は結婚相談所によっても異なりますが、無料体験サービスを実施しているところは意外と多いものです。無料で体験できるのは実際のサービスのほんの一部ですが、それでも結婚相談所を決める際の参考にはなるでしょう。

  • 25Dec
    • 年代別の攻略法(20代、30代、40代、50代)

      婚活を考えたときに、結婚相談所での婚活を選び活動をしだす方も多くいます。結婚相談所に入会されるのも、幅広い年代の方がいますので、誰もが同じ事をして成功するというわけではありません。折角結婚相談所を利用するのだからこそ、自分の年代に合った婚活方法で、効率良く婚活を進められると良いです。ここでは、年代別にどんな風に結婚相談所で婚活を進めていけば良いかをまとめていきます。●20代の結婚相談所での婚活とはこの年代は、結婚相談所で一番男性から連絡がもらえることになります。男性は、結婚相談所に登録する方が、女性よりも年上の方が多いのですが、年下の女性を希望する方も多くいるため、結婚相談所に登録をすれば、男性からの連絡が来たり、自分から連絡をすればお付き合いに繋がることもしやすいです。だからこそ、結婚をすぐにでもと考えているのであれば、結婚相談所を利用して、その中で紹介された人や自分の気になる人を見つけるため、積極的に活動をして婚活を続けていくことが大切です。自分の婚活に対しての気持ちがあるうちに、前に進むことが婚活の成功に繋がります。●30代の結婚相談所での婚活とは30代といえば、結婚相談所で一番女性が多い年代になります。30歳になることで、女性は結婚を意識したりすることも多く、この年代での結婚相談所利用が多くなります。そこで、他の方との差をつけるため、結婚相談所でのプロフィール作りや写真撮影で他の登録者と違いをつけることが必要になります。できるだけ笑顔で写真を撮って、人柄の良さを示したり、プロフィールでは、今までや今の仕事をどんな風にしてきたか、趣味はどんなことか、などで自分のアピールポイントをしっかりと把握してそれを示すことで、男性との出会いに繋がります。30代の方の結婚相談所での活動は、婚活と同時に、自分を見つめ直す事にも繋がります。●40代の結婚相談所での婚活とは40代の方となると、今までお仕事を頑張ってきていたりで、仕事や趣味に没頭していて、結婚は後回ししていたという方が多い年代です。40代での婚活となると、今まで仕事を頑張ってきた分、自分磨きもしっかりとできている年代です。なので、結婚相談所での婚活では、自分の良さをアピールするため、自分に合った服装やファッション、そして、結婚をしたらすぐにお料理などの生活に必要なことができるということをアピールできることが大切です。40代の方の婚活は、年齢だけで行くと結婚相談所での年齢での検索では省かれてしまう事もあるため、結婚相談所が主催する婚活パーティーに参加したり、実際に人と出会える所への参加も大切になります。●50代の結婚相談所での婚活とは50代の方の婚活となると、男性側も同じ年代になるか、それ以上になることが多くあります。落ち着いた雰囲気を出せる年代で、パートナーとの生活も穏やかなものになります。自分が今までどんなことをしてきたか、結婚相手とはどんな生活をしたいのか、というのが明確に分かっていると思うので、将来を共にできるパートナーを見つけるため、待つだけではなく自分から積極的に結婚相談所が主催するイベントに参加したりして、出会いを見つけるという方法が、結婚相談所での婚活で必要なことになります。●それぞれの年代で共通すること20代から50代までの結婚相談所での婚活方法は、全く同じではありませんが、共通することは「前向きに続けること」ということです。どの年代であっても、相手からの連絡を待つだけの受け身な婚活の仕方ではなく、積極的にアンテナを張り巡らせて、結婚相談所内での参加できるものがあれば参加してみたり、気になる人がいればとりあえず連絡をしてみたり、そうすることで、自分の結婚の理想も明確になってきますし、出会いも見つかります。●年齢で制限があることも理解するどんなに前向きに婚活をしていても、やはり年代でできることできないことがあることも理解しておくと良いです。結婚相談所では、ネット上で膨大な登録者の中から理想の人を見つけるときに、年代を選択することになります。自分の良さをどんなに知ってほしくても、年代で検索をされれば自分を見つけてもらえないこともあります。この事も理解しつつ、自分の年代が参加で婚活パーティーなどに出掛けて、自分の良さを直接知ってもらえるものに行くことで、出会いは見つかります。●年齢を気にせず、婚活は前を向くこと年代で婚活の方法は違っていても、自分の年齢を今から変えることはできません。しかし、婚活をする前に自分がどんな人生を送ってきたか、これからどんな生活を送りたいかあれば、それを魅力的に語れる人や、同じ趣味や考えを持つ人との出会いは、婚活を諦めずに続けていればあります。凹まず、前に進むことが大事です。●まとめ結婚相談所は、男女共に結婚を今すぐにでもしたいと考えている人柄の集まるため、婚活の方法として一番確実な方法です。アドバイザーさんに相談をしたり、一つの方法で婚活をするのではなく、結婚相談所のいろんなサービスを利用してみたりして、どんな年代の方でも、自分の理想の結婚ができる手助けをしてくれます。

  • 24Dec
    • 結婚相談所で困った3つの事を解決した方法

      私は、婚活の方法として結婚相談所の利用をしました。確実に結婚に繋がると思ったからこその選択ですが、うまく行かずに悩むことも多くありました。そこで、私が結婚相談所で困った3つのことについてのまとめていきます。●理想通りに順調には出会いがないことまずこれが一つ目の大きな悩みでした。コマーシャルを見たり、ネットの情報や結婚相談所の公式サイトなどを見たりして、結婚相談所に入会さえすれば、すぐに希望の人と巡り合いお付き合いが始まるものだと思っていました。ですが、入会後もすぐに出会いがあるわけでもなく、異性から何か連絡が来るわけでもなく、折角入会したのに何も変化がない事に焦りを感じました。●同世代での出会いが難しいこと次の困ったことは、希望する年齢の方との出会いが少ないことです。女性の場合、結婚相談所では年齢が若いほど有利にはなりますが、男性で結婚相談所を利用する方は、30代後半の方以上が多いように感じます。自分が同世代の方との出会いをしたくても、男性側で年齢が若い人は少なく、気になる人を見つけたとしても競争率が高かったり、自分の希望していない年上の方から連絡があったりしました。●アドバイザーさんとの連絡はあまりないため自分の力で婚活をすることになること三つ目の困ったことは、折角毎月の会費を支払い、結婚相談所でのメリットであるアドバイザーさんや担当の方にアドバイスをもらいながら婚活を進められるということが、入会後はなかなかできないことが分かります。会員数が多い結婚相談所であればなおさらなのですが、入会時にいちよ担当の方が居て、何かあったときには相談できるということになっています。ですが、入会時のやり取りで顔を会わせる以降は、担当の方と顔を会わせる機会はほぼ無く、担当者の方からの連絡も特にありません。アドバイザーさんに自分に合う人を紹介してもらったり、連絡を取りつつ婚活を進めたいと考えていると、それができずに困ることになります。●困ったことの対処法方以上の三点が、私自身が結婚相談所に入会をしてから困ったことになるのですが、折角結婚をするために思いきって入会した結婚相談所なので、何とか良い出会いをしたいと自分なりに考えて、気持ちを切り替えたり、婚活の方法を変えてみたりして、困ったことを解消するために努力してみました。それは、「とにかくやってみる。続けてみる。」ということです。●行き詰まった時にはどうするのか結婚相談所での婚活で、なかなか出会いがなく凹むこともありますが、結婚相談所への入会ということで、会員の方との出会いに繋がるという事ができるため、自分の希望する年齢や年収などの幅を広げてみて出会いを見つけます。また、結婚相談所が主催している婚活パーティーに参加をしたりもしました。結婚相談所に入会はしていても、別の単発での婚活パーティーで気になるものがあればそれに参加するのも、違う目線で婚活をすることができる良い機会になります。そして、自分一人で抱え込まずに、周りの人に相談をしたり、アドバイザーさんに自分から積極的に相談をしたりすることで、新しい考えをもらえることもあります。行き詰まったときには、婚活をストップさせてしまうのではなく、目線を変えてみたり、違う方法で婚活をすることが大事だなと感じます。●結婚相談所を検討している人へ婚活の方法として結婚相談所を検討している人も多く居ると思いますが、私は、結婚相談所で出会いがあったために婚活の方法として、とてもおすすめです。毎月の会費を支払うということから、継続して頑張ろうという気持ちになれますし、会員の方も、出会いがあれば相手の人も結婚を前向きに考えている人なので、出会ってからは結婚への話もスムーズに進められます。1ヵ所の結婚相談所に決める前には、いくつかの気になる結婚相談所に見学に行ったり、実際に自分の目で店舗やアドバイザーさんの雰囲気を確認することで、自分に合った結婚相談所を選ぶことができます。●やってみて良かったこと私自身、結婚相談所で困ったときに、「こちらから気になる人に連絡をしてみて、もし断られたとしても、私生活でそれ以降会うことは無いんだし、当たって砕けろ!」という気持ちで、とりあえず出会いの幅を広げる努力をしました。その結果、自分から連絡をしてみた人から返事があり、食事に行くことになりお付き合いが始まりました。なので、受け身の姿勢で婚活をするのではなく、積極的に動くことが大事だなと感じます。●まとめ結婚相談所に入会したからといって順調に進まなくて、困ることも出てくるかと思います。ですが、勇気を出して結婚相談所に入会したこと、将来の事を考えているからこそ悩むのだと思うので、婚活疲れを起こさないようにリフレッシュをしながら、良い人との出会いに向けて自分磨きもしつつ、結婚相談所での出会いをしていくと、いつかは出会いがあります。