【悲報】たった2日でスイカが変貌してて驚愕 | ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
鍬を持ったこともなかったド素人夫婦が体当たりでやってます。

2月28日に種からスタートした大玉&小玉スイカでーす!

大玉スイカ(夏武輝)地這い栽培

小玉スイカ(赤小玉と黄小玉)オベリスクを使った立体空中栽培です。

 

たった2日でスイカが豹変しました滝汗

是非動画でご覧くださーい!

 

※画質が綺麗で見やすいYouTubeサイトで見る場合は→こちらから

ニャハハの家庭菜園YouTubeチャンネルは→こちら(チャンネル登録してねラブラブ

 

 

 

 

 

大玉スイカは、防草シートとすだれを敷いて地這い栽培

小玉スイカはオベリスクを使って立体栽培(空中栽培)していまーす。

 

 

 

まずは大玉スイカ(夏武輝)

前回はカラス対策として周りをネット、上空にテグスを張り巡らせて、

また、株元付近から真ん中あたりまで、

炭疽病の症状が出ている葉を取り除いていったら坊主になったといったところでした。

 

 

この後、四国地方だけ梅雨明けせず、雨が降り続き、

ようやく開けた7月19日に畑に行ってみると、

 

 

 

 

左端の株の蔓が枯れていました

前回すでに萎れてて怪しいと思ってた左端の株、ついに終了いたしました<(_ _)>

 

 

 

 

また、その隣で栽培していた小玉スイカ「赤小玉」

これから雨が降り続いて、やっと上がったので畑に行ってみると、

 

 

 

 

 

 

し、死んでる…ゲッソリゲッソリ

。。。。。ドテッ(ノ_ _)ノ

7月17日の段階では、何の異常もなく元気で綺麗な葉っぱだったのに、

梅雨明け直前の2日間で、一気に変貌していました滝汗

 

 

 

今までも、スイカって長雨の後、突然大変貌することがあります(;´▽`A``

まぁ、屋根がないと起きがちよね。最初は衝撃的だったけど、だいぶ慣れたわ笑

 

 

 

 

もうしょうがないので、

一番最初にハチさんが授粉してくれて成長していた実だけ収穫することにしました。

 

 

 

こちらは大玉になれなかった小玉サイズの大玉スイカ(ややこし

こちらも、ツルが枯れ切ってるので、もう収穫して、その株は抜いて撤去しました。

 

 

 

写真左端のスイカも怪しげ。

なんとか他の玉の成長に期待しています。

というわけで、持って帰ったスイカを切ってみました。

まずは、大きくなれなかった大玉スイカから。

 

 

 

 

パカッ

中はまだピンク色でした

続いて、死んでしまった小玉スイカ「赤小玉」の唯一収穫した1玉を切ってみました。

 

 

 

 

 

パカッ

これは赤く熟してたー!デレデレ音譜

 

 

冷やして切って食べてみました。

ウマーーッ!あまーーい!

全然期待してなかったので、余計にウマイちゅーラブラブ

 

 

 

一応糖度を測ってみました。糖度は…

13度

おー!上出来やん!!デレデレ音譜

気のせいではなく、ちゃんと甘いスイカになっていたようです。

...となると、枯れてしまったことが惜しくなるわ笑い泣き残念!

 

 

スイカは毎年いろんなドラマを生みますね。

うまくいく時もあれば、衝撃的な姿に豹変することもある。

まぁ、家庭菜園らしい楽しみを思う存分味わうことが出来る野菜ですね。

1玉でも収穫できれば元を取れるし笑、

自分で育てると、豊富に食べることが出来て、

これからの猛暑続きの夏に、スイカは栄養的にも熱中症対策になって本当にありがたいので、

こんなことに懲りることなく、毎年栽培します!

いろんなこと起きて当たり前。かかってこんかい精神で楽しむのみ!(≧▽≦*)

スイカは引き続き栽培頑張ります。

またご報告しまーす(^^)/

 

 

今日もポチッと応援してね♪


人気ブログランキング

 


 

アブラムシ対策はニームスプレーの散布一択!ひたすら予防!

お得商品も含めてニームに関する記事は→こちら(一番おすすめのアブラムシ対策)

ニームスプレー5本セット

 

 

 

こちらは原液100mlサイズ

意外とニームスプレーは散布してるとすぐ無くなるので、

原液を買って希釈するのがオススメ!

使い方は→こちらの記事(動画付き)

 

 

支柱を組んだりネットを留めたりするのに

これは超ぉー便利!!
サカタのタネ製「ゴムスビー」

 

 

粘土質土壌の緊急対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

しっかり耕してから掛けるのがコツだよ。

長期的には腐葉土などを漉き込むのがいいね。