三豊ナスの異変と長ナスの整枝 | ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
鍬を持ったこともなかったド素人夫婦が体当たりでやってます。

5月5日に購入苗を定植してスタートしたナスです。

栽培するのは長ナス(筑陽)地元香川の野菜「三豊(みとよ)ナス」です。

 

 

前回(5月28日)は長ナスの一番果を摘果したところでした。

 

 

その後の様子です。

以下、写真を撮る方向によって、長ナスと三豊ナスの位置が逆になったりしますが、

前回から一週間後の6月5日

どちらも葉が増えて順調順調ちゅーラブラブ

その後、雨が続き雨雨雨雨

やっと雨が上がって畑を見に行くと、

 

 

 

三豊ナスが死にかけておる滝汗

おおいっ!!どーしたーー!!!

もう毎年、雨が続くと何かしら起きるなぁ。

今年は特に不調になる野菜が続出チーン

 

 

 

復調して欲しいけど、期待薄な感じがしたので、

種苗店で苗をまた買ってきて、別の場所に植え付けました。

にがり入りの水をかけておきました。にがり農法については→こちら

 

 

 

植え直して5日後  

この間、めっちゃ雨が降ったのでドキドキしましたが、元気そうですデレデレ音譜

ちなみに、最初に植え付けた三豊ナスはその後枯れました。

抜いたマロ夫によると、株の根の付近からコガネムシの幼虫と蛹が何匹も出てきたそうです。

また根を齧られた模様。

うちの畑の土の中は、コガネムシの幼虫以外にもオケラも多いし、敵が多い…チーン

 

 

 

つづいて長ナスです。

だいぶ成長したので、整枝することにしました。

 

 

 

今回は4本仕立てにするので、真上から見て太い茎4本を主枝として残して、

それ以外の茎は、実が着いていようと、バッサリ切りました。

また、風通しをよくするために株元の葉や脇芽も取りました。

剪定した枝に付いてた実は、収穫して漬物にしました。

 

 

 

整枝作業の変化です。

上が整枝前、下が整枝後

 

 

 

実がたくさん出来すぎていたので、

本当はもう少し大きくなるけど間引きがてら収穫しました。

素手で持つとめっちゃ痛い!

なぜかというと、

 

 

ヘタのトゲトゲが鋭い!今年の長ナスはひときわ攻撃的だわ。

と思ったら、

 

 

 

こんなとぼけた子も収穫しましたちゅーラブラブ

 

 

 

そして、だいぶ枝が伸びてきたので、

今年も巻き結びにした紐で吊るしました。

 

 

ベル整枝作業と紐の吊り下げ方法については以前のこちら↓の記事に詳しく書いてあります。

巻き結びの仕方も載ってます。

この時は3本仕立てでしたが、やってることは今年と同じでーす。

 
 
 
ベルそしてもう少し株全体が大きくなって枝が広がってきたら、
例年通り側枝一果法(一枝一果法)で収穫する予定です。

 

家庭菜園ランキングへ

 

 

アブラムシ対策はニームスプレーの散布一択!ひたすら予防!

お得商品も含めてニームに関する記事は→こちら(一番おすすめのアブラムシ対策)

ニームスプレー5本セット


 

こちらは原液100mlサイズ

意外とニームスプレーは散布してるとすぐ無くなるので、

原液を買って希釈するのがオススメ!

使い方は→こちらの記事(動画付き)

 

 

支柱を組んだりネットを留めたりするのに

これは超ぉー便利!!

サカタのタネ製「ゴムスビー」

500g(250本入り)送料別

 

 

園芸用万能ゴム Nバンド 5つのサイズあり

1kg入り送料込み

私たちが使ってるサイズはN185(45mm)だと思います

 

 

粘土質土壌の緊急対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

しっかり耕してから掛けるのがコツだよ。

長期的には腐葉土などを漉き込むのがいいね。