イチゴの摘葉とランナー伸ばし | ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
鍬を持ったこともなかったド素人夫婦が体当たりでやってます。


テーマ:

イチゴで~すいちご

品種は「ひかり小町」(すでに販売中止品種)と四季咲きの「めちゃデカッ」です。

いろんな品種を栽培してみて、この2品種に選抜しました。

 

 

前回(5月20日)は、「にがり農法」の効果なのか今までで一番大きな実がたくさん出来たけど、

収穫直前の強い長雨でほとんどの実が腐ったといったところでした。

 

 

上の段の中央は、イチゴの葉に埋もれないように、

庭で育ててた草丈の高いユリに植え替えました。

 

 

 

そして子苗をとるためにランナーを伸ばし始めたところでした。

 

 

これから2週間経って、

 

 

 

 

 

 

だいぶ伸びてきました

親苗に一番近い苗(1番苗=太郎苗)は生育が不安定になることが多いため、

子苗取りは2番苗(次郎苗)、3番苗(三郎苗)が向いてるそうです。

今回はランナーの数が多いので、

各ランナーの2番苗(次郎苗)を子苗取りする予定ですが、もう少し伸びてから子苗取りしようと思います。

 

 

 

ランナーによっては、こうして途中から細いランナーが枝分かれのように出てきますね。

少ない株数から子苗を増やす時は便利だけど、私たちは必要ないし放っておくと絡むので取り除いてます。

 

 

 

 

 

 

そして今年は、

摘葉を頑張っています!(`・ω・´)

スッキリキラキラ

 

 

 

油断して毎年こんなことになってたからねガーン

これは一昨年のランナーが絡みまくって、全体が一体化した悪魔の城。

 

このランナー解きは地獄でした滝汗

地獄は4年連続続いていました(学習能力ゼロ

でも今年は頑張っているのですっ!真顔キリッ

 

 

 

さらに10日経った今日現在のイチゴの全体像。

摘葉(葉欠き)を頑張り、

子苗取りに使わないまだまだ出てくるランナーを連日取り除いています。

 

 

マロさんやれば出来るじゃないか!!ニヤニヤイエーイ音譜

ちなみに、マロ夫は絡まりまくったランナーを解くなどという

気の遠くなる地道な作業に関わるのが大の苦手なので、

毎年この時期になるとイチゴにはいっさい近寄りません笑

 

 

 

そして、中央に植えてるユリの蕾が膨らんできましたデレデレラブラブ

 

 

またご報告しまーす(^^)/

次回は子苗取りの様子だね。

 

 

 

ハブ茶の種、私も爪切りで種の端を切って濡らしたキッチンペーパーの上に置いてみたら

翌日発根していましたにこ

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!ニームに関する記事は→こちら

 

 

粘土質土壌対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

 

マロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.