メロンの整枝(10節まで)動画付き | ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
鍬を持ったこともなかったド素人夫婦が体当たりでやってます。


テーマ:

3月11日に種まきしてスタートしたメロン(品種:感動メロンプロジェクトの「緑の彗星」)です。

今年も庭の簡易温室でプランター栽培です。

 

 

前回(5月24日)は、親づるを摘芯して、子づるが伸びてきた苗をプランターに定植し、

100均で買った網戸用の網で簡易温室に防虫対策をしたといったところでした。

 

 

 

 

前回から2週間経った1株あたりの子づるの成長変化です。

上が前回、下が今回

 

びろ~~ん

 

 

 

巻きヅルが簡易温室の骨組みに巻き付いて支えています。

なんかギュッとニギニギしてて可愛いデレデレラブラブ

 

 

 

 

 

さて、子づるが伸びたので、整枝作業をすることに。

今回もYouTubeで詳しく教えてくださってるこちらのメロン農家さん(寺坂農園さん)の動画を

参考にさせていただきました。

めちゃくちゃわかりやすい動画でありがたいです。

 

私たちのメロンは、すでに子づるがだいぶ伸びてたので、

YouTube動画の整枝1回目と2回目をまとめてやることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、動画に習って、

1株あたり2本伸びている各子づるの10節(株元から10枚目の葉)までの

孫づるになる脇芽や花を取り除いて、絡みあわないように巻きヅルの先端(成長点)を切る作業をします。

 

 

 

まず整枝のために、温室の骨組みに巻き付いてた巻きヅルを解いて子づるを手前に取り出しました。

そして株元から10節までを、

指でさしながら「いち、にー、さん…」と何回も何回も数えて位置を確認しました。

 

 

 

 

 

10節までの脇芽や花を取り除いて、巻きヅルの先端(成長点)を切っていきまーす。

上が整枝前、下が整枝後

 

 

ま、うちは1株ずつ簡易温室に入れてるので巻きヅルが絡んで困ることは特にないので

別にやらなくてもいいんだけど、やってみたかったので巻きヅルもやりました笑

 

 

 

10節までの脇芽や巻きヅルの先端を取ってる動画でーす。

あとでもう片方の子づるも10節まで整枝しました。

 

 

 

 

 

今後はこの11節~15節の脇芽(孫づる)を伸ばしていくようです。

そして最終的には各子づる2果、1株あたり4果どりするみたいです。

まぁ、私たちはプランター栽培だし、ド素人がそこまでうまく出来るとは思えないけどやってみます!

 

10節までの整枝作業終了ぉー♪

 

 

 

軽く追肥しておきました。

 

 

 

 

 

そしてもちろんウリハムシ対策として、

すぐ防虫ネット(ダイソーで買った網戸の網)でカバー

 

 

上の段には畑への定植を待つカボチャとスイカの苗が入れてあります(^^;

またご報告しまーす(^^)/

 

 

 

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!ニームに関する記事は→こちら

 

 

粘土質土壌対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

 

マロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。