ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
鍬を持ったこともなかったド素人夫婦が体当たりでやってます。


テーマ:

生姜(品種:大身生姜)です。2ヶ所で栽培しました。

 

 

まずは5月3日に、

芽が出た種生姜(3月にスーパーで買った生姜を保存しておいたもの。詳しくは→こちら)を、

 

 

 

 

畝に対して直角に、株間30cm深さ10cm程度で芽を上にして植え付けました。

 

 

 

 

さらに追加で5月15日に、余ってた生姜を、里芋の隣に5ヶ所植え付けました。

1ヶ所は小さいもの2個まとめて植え付けました。

 

 

 

 

その後、生姜は笹のような葉を広げて成長しました。1ヶ月に1回ぐらい追肥。

猛暑続きの夏以降は、土の乾燥を防ぐために、株元に100円ショップのすだれを被せました。

 

 

 

 

 

そして11月下旬になり、葉が枯れてきたので、収穫することにしまーす(^^)/

 

 

 

 

 

まずはメインの生姜の畝から収穫しまーす。

大きなシャベル(ショベル・スコップ)で掘り起こしていきました。

今年も綺麗な状態で生姜を取り出すことに命を懸けています!(笑)

 

 

 

 

さぁ今年も一緒に収穫してる気分を味わってくださーいデレデレ音譜

上の写真の続きを動画でどうぞ。できれば音声付きでね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

写真バージョン

バラバラに崩壊

動画には写ってましたが、持ち上げた途端バラバラになりました笑い泣き

綺麗な状態で取り出すことに命をかけてるのでショック(笑)

 

 

 

ちなみにこれは別の株ですが、今回の平均的なサイズはこのぐらいでした。

一番下にあるのが植え付けた種生姜で、種生姜の上にあるのが新たに出来た生姜です。
真ん中から左右に1次茎、2次茎、3次茎…と次々に横に広がるように出来ていくようです。

 

 

植え付けた種生姜も、収穫して食べられまーす。

ジャガイモの種芋と違って劣化しないので、生姜栽培は本当にお得ラブラブ

 

 

 

 

それでは次の動画です(^^)/

これは、茎の本数が多かったので、この畝の期待の株です。どんなのが出てくるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真バージョン

大きかったーデレデレ音譜

このメインの生姜畝の中では一番大きかったです。

 

 

 

この株に植え付けた種生姜は、形からすると、

どうやらこの丸で囲った一番大きい種生姜だったようです。1個100g以上。

やはり植え付けた種生姜は、このぐらい大きいほうがたくさん収穫できるようです。

 

 

 

 

 

その後も、この畝は、だいたいこのぐらいのサイズの生姜を収穫していきました。

 

 

 

 

 

つづいて追加で植え付けた畝の収穫をします。

 

 

5ヶ所植え付けましたが、

 

 

 

発芽した時から、右から2ヶ所目の株がヒョロヒョロでした。

 

 

半年経って、結局どうなったかというと、

 

 

 

 

 

極小サイズのまま

掘ってみました。

 

 

 

 

一応、1次茎!みたいになってて可愛い

ちっちゃいけど、いっちょまえ感が(笑)

 

 

 

植え付けた種生姜は、形からするとこの丸で囲ったもののようです。

 

 

 

 

 

それではその隣の茎が多かったものを掘ってみまーす。

 

 

 

 

それでは動画でご覧ください。

マロ夫が綺麗に生姜を取り出すのに命をかけてる様子も(笑) 

音声付きだと、マロ夫がどんな気分でやってるか説明してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真バージョン 表・裏・上から

 

遺跡発掘がやりたかったマロ夫は、

毎年生姜の収穫は遺跡発掘気分で、隙間に入った土を細いもので取り除き、

ブラシで払い落としております(笑)

もちろんマロ夫一人でやってるわけではないです。

毎回写真を撮りながら私もやっております。私は割り箸や竹串できゃはっ♪

 

 

 

収穫の様子はこれが最後です。これも茎が多い株ですが、横長に広がっていませんでした。

 

 

 

 

 

さぁどんなのが出てくるでしょう。

動画でご覧くださーい。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真バージョン

 

土を払って出てきた生姜は、

 

 

 

 

 

平面的ではなく3D

3方向に複雑に飛び出てました。

 

それから「里芋の間に植え付けて里芋の大きな葉の陰になった方が生姜の育ちがいい」とよく言われるけど、

去年いろいろやってみて、やはり生姜は里芋やナスなどの間ではなく、

生姜だけを並べて栽培したほうが収穫量が多いという結果が出て、

今年は里芋の間ではなく、里芋の隣に生姜だけを並べて栽培しましたが、やはりその方がよかったようです。

生姜農家の人も太陽をいっぱい浴びさせて栽培してるんだし、そのほうがいいと感じます。

 

 

 

今回のプチ検証(種生姜の芽の大きさと収穫量)

この追加の畝に5ヶ所植え付けた種生姜と、収穫できた生姜のサイズを比べてみました。

色付きの文字は収穫量です。下側の写真が種生姜の芽の大きさがわかります。

 

 

これを見てわかったことは、種生姜の芽のサイズが収穫量に関わる気がしました。

先ほど、植え付ける種生姜のサイズが100g以上の大きいものの方が収穫量が多いと感じましたが、

さらにその際、出てる芽が太く立派な種生姜のものの収穫量が多かったです。

太い芽が出る生姜は、それだけ力があるんでしょうね。

また、複数個まとめ植えにすると収穫量がいいと本に書いてありましたが、

元々小さいものを2個一緒に植えたぐらいではあまり違いは感じませんでした。

 

来年植え付ける種生姜は、できるだけ太い芽が出たものを1個100g以上ずつにしようと思いますにこ

 

 

 

というわけで、

今年は、これだけの種生姜から、

 

 

 

 

 

 

これだけ収穫できましたデレデレ

 

 

増えた~~生姜大好きなので嬉しいです音譜

 

 

 

 

収穫した生姜は、茎をハサミで切って、コンテナに入れて持って帰りました。

 

 

 

 

 

<プランター栽培の生姜の収穫>

実家の日当たりがよくない庭で、生姜を1株プランター栽培しました。

土をどんどん足していくので、最初はプランターの半分ぐらいの土の量に植え付けました。

成長に合わせて、どんどん土を足していきました。1ヶ月に1回ぐらい追肥。

 

 

 

 

植え付けて6ヶ月ちょっと。11月28日。

葉が枯れてきたので収穫することにしました。

 

 

 

 

 

土を取り除いてから抜きました。

 

 

 

 

収穫動画でーすにこ

 

 

 

 

 

 

 

 

写真バージョン

 

プランターでも畑並みに収穫出来ましたデレデレ

プランターも、出来るだけ太い芽が出た大きな種生姜を植え付けると

もっと大きな生姜が収獲出来るかもしれないですね。

 

 

 

収穫した生姜は、土付きのまま長期保存しまーす。(去年洗ってすぐカビましたなく

生姜を長期保存する場合は、絶対洗ったらダメです(^^;

保存方法はこちら↓

 

 

また来年、生姜栽培頑張りまーす(^^)/

 

 

 

一緒に収穫気分味わっていただけましたか?にこ

いつもありがとうございます。

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

楽天スーパーセール12/2 19時スタート

旅行の予約

 

最近は1人前を人数分買ったりするらしいね

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!ニームに関する記事は→こちら

 

 

粘土質土壌対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

マロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。