ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
鍬を持ったこともなかったド素人夫婦が体当たりでやってます。


テーマ:

5月12日に種まきしてスタートしたジャンボ落花生(品種:おおまさり)です。21株栽培中。

 

 

「おおまさり」は、茎が倒れて四方に這うように広がる、ほふく性(這い性)です。

畑に定植してからの約1ヶ月ごとの変化を見てみます。

 

6月11日(定植) 

100cm×150cmの畝に21株

 

 

 

7月12日  

7月上旬までアザミウマの卵を産み付けられた葉を摘葉してたのが終わり、暴れ始めました

 

 

 

8月14日 

一気に旺盛になり、ぼわっ!と厚みが出てきました

 

 

 

9月15日  

じわじわ広がってきました

 

 

 

10月4日 

子房柄を土に挿しながら茎がほぼ全部倒れて、厚みが薄くなってさらに広がりました

 

 


11月7日(定植から5ヶ月)

10月で広がるのは止まり、葉が少しずつ枯れてきました

 

 

 

 

元の畝端からどのぐらい広がったか測ってみました。

 

 

隣の野菜の手入れの邪魔になりそうな方向は、伸びてきたのを戻したりして抑え気味にしましたが、

野菜がない通路方向は、伸ばしっぱなしにしてみたら90cmぐらい広がってました。

おおまさりを栽培する場合は、こんな感じにアメーバーのように広がるので、

広がりしろをとっておかないと、隣の野菜や花を飲み込みます(笑)

 

 

 

3年前、こんな感じで隣のニチニチソウの花が飲み込まれて消滅しました滝汗

上が7月、下が9月

 

 

 

 

そんな感じでグングン成長した「おおまさり」の落花生ですが、

10月下旬、なんか落ちてるなと思ったら、

 

カラスに引っ張り出されて食われてましたムキー

掘るまでわからない落花生、今年もうまく出来てるかな♪

と楽しみにしてたら、思わぬ形で落花生を見てしまうことに…

。。。。。ドテッ(ノ_ _)ノ 

 

 

 

カラスにこれ以上つつかれてなるものか!

というわけで、急いで収穫することにしました。さぁ、たくさん出来てるかな。

普通の落花生(立ち性の落花生)の収穫は1株ずつ抜く感じですが、

ほふく性の「おおまさり」の収穫は、

四方に広がった茎が絡みまくってるので、ネットをめくるような感じになります。

 

 

動画で、一緒に収穫してる気分でご覧くださーいにこ

 

 

 

 

 

 

写真だと、こんな感じです。

 

 

出てきた出てきた♪

 

 

 

さらに残りもめくって収穫!

 

いっぱいちぎれて呆然

毎年のことながら、

畑の土が硬いので、いっぱいちぎれて土の中に残ってしまいました。

後で掘り出しま~す。

 

 

 

その前に、収穫時恒例の根粒菌の話。

マメ科の植物の根には、

「根粒菌(こんりゅうきん)」(バクテリアの一種)という粒々のコブが付いていて、
その根粒菌はマメ類の根から栄養をもらう代わりに、
空気中の窒素を固定してマメ類に与えて共生しているそうです。

今年はどうだったでしょうか?

 

 

 

 

 

いっぱいポコポコついてた

うまく成長した証のようですデレデレ

 

 

 

それでは脱穀!

まずは収穫した落花生を畑の中央の円形広場に集めて、

椅子に座って、子房柄から殻を外していきました。

 

 

 

 

 

このぐらいの小さい落花生や、フニャフニャした落花生は、

保存中にカビたり傷むので収穫しないです。

 

 

 

 

 

すでに傷んで黒くなってるものや、こんな虫に食われた殻も結構ありました。

 

 

さらに、

 

 

 

 

 

バキッ!ザバッポーン

殻から割って出て、発芽しかかった実もありました

 

 

 

収穫した落花生はお互いの株が絡みまくってますが、

1株をばらしてみたら、こんな感じでした。

 

 

 

 

成長度合いによってサイズや形がマチマチの落花生がぶら下がってました。

 

 

 

 

という感じの脱穀作業をしている動画でーすにこ

 

 

 

 

そしてちぎれて土の中に残った落花生の掘り出しです真顔


 

 

 

 

ちぎれた中でも、子房柄が地上に残ってるものはこうして引っ張ればサクランボのように

コロコロッと出てきます。ちぎれるのも多いけど(^^; そんな様子の動画ですにこ

 

 

 

 


 

 

ちぎれて土に残ってるのは、早い時期に子房柄が土に潜って成長してるものが多いので、

ほとんど大粒です。

 

 

 

地上に子房柄が見えてる落花生を全部取り終わったら、

最後に、完全に土の中に残ってる落花生をスコップ(シャベル)で掘り出していきました。

 

 

 

 

 

ちぎれて埋まってた分、収穫終了しました!

 

 

 

 

 

今年の収穫分です。

結局ちぎれて土の中に残ってたほうが若干多かったです笑い泣き

 

 

21株で、15リットルぐらい収穫できました。

 

 

 

収穫した土だらけの落花生を洗いました。

なんか洗い方がいつも原始的な感じがする(^^;

 

 

 

 

洗ってる動画でーすにこ

 

ちなみに…

落花生は洗っても後でしっかり乾燥させれば長期保存大丈夫だけど、

生姜は長期保存する場合は洗ったらダメ。土付きのまま保存!

去年洗ってみたらカビましたチーン

 

 

 

そして、洗浄した落花生を持って帰って、底が網になってるトレイに広げて干してまーす。


 

これだけ見たら、「おおまさり」の大きさがイマイチわからないけど、

普通サイズの落花生と並べると、

 

 

 

 

 

バカでかいです爆  笑

1粒でも食べ応えがあります。

 

 

 

中の粒もデカいですが、殻も分厚いです。

 

 

 

 

 

私たちはカリッとローストした落花生が好きなので、

殻が完全に乾いたら、殻を剥いてオーブンで焙煎しまーす!カナヘイうさぎ

天板に重ならないように並べて中段に入れ、余熱なしで150度で70分ローストしてます。

いつも小さい粒も焦げることなく綺麗にローストできてます。

もう少し長くローストしても大丈夫な感じです。

70分経ったら、オーブンから出して自然に冷ましてます。

冷めるとより一層カリッカナヘイハートと美味しくなります酔っ払いラブラブ

 

 

ゆで落花生は、塩3%(水1リットルにつき塩大さじ2)で、

沸騰してから20分(おおまさりは30~40分)殻ごと茹でて、

冷めるまでそのまま放置しておいてから食べるのがいいらしいです。

今年は茹で落花生も食べてみようかなと思ってますハート

 

というわけで、今年の落花生栽培は以上であります!∠( ̄へ ̄*)

 

 

深夜から書き始めて朝になった(ゲッ

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!ニームに関する記事は→こちら

 

 

粘土質土壌対策にはコレ!

詳しい記事は→こちら

 

 

まずは見学に行ってみよう!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

マロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。