2016年9月23日 :読み飛ばしてください。嫌な気持ちになりますよ。 | 伊知郎、紀理子、優理子、いつか見てね! ねぇ、マロン!

伊知郎、紀理子、優理子、いつか見てね! ねぇ、マロン!

おーい、天国にいる愛犬マロン!聞いてよ。
今日、こんなことがあったよ。
今も、うつ病と闘っているから見守ってね。
伊知郎、紀理子、優理子、見てね。

曽田歩美様に頼んでマロンの絵を描いていただきました。

2016年9月23日 :読み飛ばしてください。嫌な気持ちになりますよ。

 

 

 

うつ病の発作から出てくる言葉で、私は、多くの人を傷つけてきました。

「それは、うつ病が言わせているのではなく、本心なんでしょう。」と言われ、撃沈。

このように言われ、私が悪者になって、友達から削除・断絶・絶交された経験が多くあります。

身体的な苦痛も、健康な方には、想像できないでしょうね。

外見から推察できないだろうから、わかって欲しいわけではない。

今日もリストカットの練習をしました。

そうすると、不思議にパワーアップします。

生きようという気持ちが湧いてくる。

滲み出る血の色と痛みから、元気パワーが湧いてくる。

そして、人に向けて吐き出した言葉に苦しむ。

だから、二重人格のように、コロコロ精神状態がよく変わる。

離れていく人を追いかける気はない。

また、その人を傷つけるだけだもん。

でも、本当は、誰かにこの闇から引きずり出してもらいたいのに、「うつ病でいることが楽じゃない?」と聞く人もいます。

血反吐を吐く毎日の状態がいいと思うのは、他人の勝手。

なんでこんなことを書いたかって?

今日、また、同じことを聞かれからです。

本気で、うつ病を抜け出させてくれる人に巡り会いたい。

自分だけで、もがいているだけだと、うまくいかない。

認知行動療法は、万能ではない。

薬も弱い。

恐らく、一人で、もがいているだけで、十分なのだろう。

抜け出すことができなくても、いい人生だったと、別れを告げて旅立ちたい。

死を恐れるなかれ。

新しい時間の扉だから。

大切な人の死は、辛いかもしれないけれど、大切な思い出をくれたことに感謝すればいい。

こんな精神状態の中にいたので、FBから離れていました。

なぜ吐露するかというと、私を大切にしてくださる方が、死後、私の生き様を見届けてくれるため。

メッセージを残して欲しいと、心友に求められているから。