少年舞妓・千代菊がゆく!―許されぬ想い、かなわぬ恋 (コバルト文庫)

なんとなぁく物語が佳境に向かっているなと感じさせる巻でした。亜紀ちゃんに、従兄の宏章に、それぞれ思いもよらぬ決断をするんですから。宏章に関しては前作から行動的な一面をみせているんですが、だんだん切なくなってきてしまいます。続編ではどうなってるんでしょうか。

この巻で美希也が「チャリ」って単語を使うんですけど、ああこの子が千代菊と同一人物なんだと考えるとあの可憐な少女の口から「チャリ」って単語が飛び出してくるのを想像して微笑ましかった。


人気ブログランキングへ


★既読の【奈波 はるか】作品感想★

・今までに読んだ「奈波 はるか」さんの作品一覧はこちら ⇒ ★奈波 はるか