「少年探偵」 小路 幸也

テーマ:

少年探偵 (一般書)


江戸川乱歩生誕120年記念オマージュ作品です。

小学校の図書室にあったちょびっと怖くておもしろい探偵本。ルパン、少年探偵団・・・懐かしいあの頃の記憶と匂いが蘇ってくるようです。 


大人びていた小林少年と明智の意外な関係。単純に探偵と助手という形には留まらない深い思いがそこにはあったのです。

そして明智は20面相と戦わなければならないのです。

3人の想像できなかった因果関係に驚かされた作品です。

もう一度、ポプラから発売された少年探偵団シリーズを再読したくなります。大人になったからこそ楽しめるもの、発見がまたあるような気がしてなりません。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ