告知です♪9月7日! | サブランドへの航海図

テーマ:

フードリンクセミナーで安田さんと対談形式で話します。


タイトルはズバリこれです!


郊外のストラテジスト
~郊外駅前で儲かる店舗を作る~


申し込みはこちら から。


話す内容としては、「何故郊外に出店をするのか?」です。


ここをメインに話そうと思っています。


ちょっとだけ言うと、漁場は広い方がいいからということです。


ブルーオーシャンで闘いたいんです僕は・・・


うちの会社のレベルでは、競合がいるところで戦っても勝てないんです。


203高地の日本兵レベルです。


じゃあどうやったら負けないのか?を話したいと思います。


飲食業に従事している人はえてして、料理だったり、サービスだったり、雰囲気だったりに重きを置きます。


飲食業やってるんやから当然やん!と突っ込まれそうですが、おいしいという感覚は定性的だし、いいサービスというのも、人それぞれで受け取り方が違う。お金をかけたからっていい雰囲気のお店になるわけじゃない。


では、絶対的なことってなんなの?


それは「数字で表すことが出来るもの」、です。


しかも、四則計算できればいいというぐらいの数字です。


料理、サービス、雰囲気という飲食のメイン軸以外のところで勝負すればいいだけです。


ここがうちの漁場です。


ただ、漁場があっても、道具がなければ魚は釣れない。


では、その道具とは何か?もお話出来ればいいなと思っています。武器はたくさんあった方がいいです。


経験によって蓄積されたノウハウは別にマネされてもいいと思っています。こんなことは別に誰がやっても出来ます。


売り手市場から買い手市場への転換を行わないと、いずれ産業への参入人口も減る。ということは、マーケットはさらに縮小していきます。なんで保証金が10カ月なの?なんで、礼金って必要なの?内装工事が坪80万かかるのが普通?なんで3年契約なの?定期借家じゃないとダメなの?これらすべてに疑問符を投げかけましょう。


すべてとは言いませんが、借り手が悪い部分も大いにあるんです。「無知による容認」です。


おいしい料理を出し、いいサービスをして、雰囲気さえよければお客様は来るだろう。


この「だろう」が危ない。


来ればいいですが、来なかった場合は誰が責任をとる?


自分ですよね。だったら、初期条件をよくしましょうよって話なんです。


ここを変えていかないと、産業としてさらに淘汰されていくでしょう。


抽象的な表現になってしまいましたが、100名様来ていただければうれしいです。テンションあがります。


僕が今回来てほしいなと思うのはこんな人たち。


・飲食経験は十分に積んだ!独立したい!でもお金がない。

・独立のためにお金は貯めた!物件取得ってどうするの?

・お店を数店舗持っている。どうやって10店舗まで拡大していくの?


このような疑問を持っている人にぜひ聞いていただきたいと思っています。


調達、投資、回収、基本的にはこの3軸を抑えていればまあ潰れることはないでしょう。そんな話も交えながら、和気あいあいと話せたらな~と思っています。


皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


来てくださいね!(笑)


待ってます!!












手巻き寿司さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス