luluのブログ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2011-01-18

アルガンオイル 簡単レシピ

テーマ:ブログ

ナイフとフォークワイン Recettes à l'huile d'argan



さてさて遅くなりましたが、アルガンオイルを使った簡単レシピをご紹介します。


第1回目は たまごのココット

一人でも楽しめるので、ぜひお試しを



egg. OEufs cocotte



材料 1人分


たまご 1個

生クリーム  大さじ1

パルメザンチーズ  小さじ1

パセリ エストラゴンのみじん切り 小さじ1

バター 少々

塩 コショウ 少々

アルガンオイル 小さじ1



作り方


1 ココット皿の内側にバターを塗る

2 生クリームを入れ パセリ+エストラゴンを加える

3 卵を割り入れる

4 塩 コショウ パルメザンチーズを振る

5 オーブントースターで焼く

  お好みの焼き加減まで様子を見ながら 約5分~

6 オーブントースターから取り出してアルガンオイルを加える




温かいうちに   Bon appétit!


luluのブログ





片手鍋

LE CREUSET にカラフルなココット皿が揃っています

お皿にたまごがくっつきますがバターを塗らなくてもOK

アルガンオイルはノンローストがオススメです




では次回レシピもお楽しみに










2010-11-25

アルガンオイル 手絞り

テーマ:ブログ

リボン  手絞りアルガンオイル



今回は手絞りの方法をご紹介します。

家庭ではこの方法で必要な時にアルガンオイルを絞るので、

フレッシュなオイルをいつも使うことができます。




1 ロースト



まず、種から取り出した仁をローストします。

ローストは土鍋と炭を使います。


なぜローストするかというと、仁に含まれる水分を蒸発させるためです。

ローストしないと手絞りはとっても困難


ローストする時は、様子を見ながらデリケートに仁を扱います。




luluのブログ
ローストされた仁





2 ペースト状



次は仁をペースト状にします。

家庭では石臼を使いますからマルシェの至る所で石臼を見かけます。

スピードを上げずゆっくりペースト状にするので、品質の高い均一なペーストとなります。





luluのブログ
ペースト状の





3 水を加える



ペースト状の仁に水を少量ずつ加えて丁寧に混ぜていきます。




luluのブログ
丁寧に水とペーストを混ぜます





luluのブログ
なめらかなペーストが突然このような状態に






luluのブログ
更に根気よく混ぜていくとオイルとカスが分離します






luluのブログ
すっかり分離したら絞りカスを取り除きます







luluのブログ
カスは家畜のえさとして使います






luluのブログ
アルガンオイルの出来上がり








luluのブログ
手絞りアルガンオイルの試食








以上が手絞りの様子です。



残念ながら、これほど困難な手絞りなのに短所もあるそうです。


右矢印絞りカスにオイルが25%残る

右矢印ローストの方法によってはビタミンが失われる

右矢印オイルの中に水分が残ってしまうので、傷みやすい

右矢印1ℓのアルガンオイルを採油するのに8~16時間もかかる (全て手作業の場合)

右矢印加える水など衛生面で問題が多い

右矢印保存期間が短い(3~6ヶ月)



なんといっても、貴重なアルガンオイルが絞りカスの中に25%も残ってしまうのは

もったいないですね


来月はアルガンオイルを使った簡単なレシピをご紹介しますナイフとフォーク




つづく…
















2010-11-09

アルガンオイル

テーマ:ブログ

リボン  アルガンオイル-2



ではアルガンオイル製造工程をお話しましょう



種を取り出す



最近は皮とり機が普及しているのでそれを使いますが、

家庭では手で剥いたり 石で転がしたりして中の種を取り出します。




luluのブログ
右端乾燥果実

隣は取り出した種




山羊はアルガンの実を食べて、種を吐き出しますがそのような種は不衛生です。

どうしても種の割れ目から山羊の胃液やバクテリアが入り込むからです。 




luluのブログ
ヤギが吐き出した種





種を割る



これは一番時間がかかって難しい作業です。

器具を使うと中の仁が傷むので、女性たちが石を使って手で割っています。




luluのブログ
厳しい仕事に就く女性たち





種から仁を取り出すと劣化が始まります。

ですから、オイルを絞る直前に種を割るのがベスト

オイルにすると非常に劣化しにくいのに、仁で保存すると劣化が早いそうです。




luluのブログ
取れたてのフレッシュな仁




モロッコでは仁のマーケットが盛んですが、種から仁をいつ取り出したの???

なので、そのような仁は避けたほうがよさそうです。

アルガンオイルは果実までトレースできることが大切です。




luluのブログ
市場で売られているローストされた仁

オイルも販売していました



つづく…







1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス