2016年が終わるにあたって… | 佐々木雅士公式ブログ
2016-12-31 23:33:56

2016年が終わるにあたって…

テーマ:自分なりの人生の生き方・考え方

さてさて、今年もあと少しで終わりです。

今年もたくさんの人たちにいろいろとお世話になりました。
 
今年も嬉しいことだけではなく、大変なことや辛いこともいろいろありました。けれど、自分は楽観的な面が多く、良いことや悪いことが起きても、どうせ確率統計で公平に発生するもんだと思っています。
 
もし自分の乗ってる飛行機が落ちたとしても、それは全人類に公平な確率で発生するもので、それが起きても運が良いとか悪いとか思わない人間です。そして、本音の部分では生活水準や自分の生命にすら固執も無い人間です。
 
そんな考え方をしているんですが、ただ、どうしても気になってしまうのは、自分に関わってくれている関係者に対してへの自分の存在責任です。
 
自分がいなくなったり、自分が弱くなったりしたら、困る人が出てくるのが嫌で、だから頑張らないといけないとか、最善を尽くさないといけないとか思います。
 
 
「人間関係」は、自分の中の課題で、好き嫌いではなく、一番難しいテーマだと思っています。
 
それは人生の中で、すごく喜ばせてもらえることの一つであり、すごく落胆させられることの一つでもあります。
 
人間関係は大好きで、人間関係を断ち切り、一人になって楽に過ごしたいとかはまったく思いません。むしろ人間関係の渦の中で揉みくちゃにされていることが好きです。
 
けれどもそれは、本当に難しく、期待を裏切られることも多くあります。それでも人を信じることを止められません。
 
けれど、自分を信頼してくれて付いてきてくれる人がいて、一緒に頑張ろうとしてくれている人がいます。自分の存在が大きなものになってくれている人がいます。
 
だから、その人たちのために、自分はしっかりしなきゃ、自分は頑張らなきゃと思います。
 
自分自身は本当に楽観的で、大きな問題を大した問題と思えず、基本的思考回路はケ・セラ・セラな人間です。
 
周囲には努力しなきゃダメだとか言っていますが、自分は歯をくいしばった努力をしてきていません。自分は人生や仕事を考えて上を目指す戦略ゲームだと思って楽しんできただけ…かもしれないと恐るおそる思っています。
 
が、こんな自分を唯一後押しして頑張らせてくれるのが、自分を支えてくれたり、一緒に生きてくれたり、仲間になってくれたりする人たちの存在です。
 
こうして年末に振り返る時間を持つと、ありがたいと思わせてくれるのは、自分の周りにいる多くの人たちの存在です。
 
多くの人たちが自分に存在価値を与えてくれます。頑張る原動力として力を与えてくれます。本当に感謝したいと思います。
 
2016年もありがとうございました。
来る2017年もよろしくお願いいたします。
 
インフォランス
佐々木雅士
 

markさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス