2021年、土星天王星スクエアの時代 | まーりんのまりんエッセンス
新型コロナウイルスに関する情報について

まーりんのまりんエッセンス

魂・心・体に響き渡る、これから先の時代のエッセンス
「海のエッセンス」「月のエッセンス」の物語

今日の天空は

金星♀の、思いがけないようなラッキーアスペクト!

 

 

 

 

 

ミニトラインに、グランドトライン

 

よろこびごとがある

都合よくいく、うまくいく

 

穏やかな、よい日曜日・・・

 

 

 

 

 

 

ただひとつ

土星♄-天王星♅のスクエアを除けばね・・・

ガーン

 

 

 

 

 

ほかの天体はみんな調和的アスペクト

なのに

 

こいつだけ・・・

土星-天王星だけ緊張のスクエア。

 

 

の上のたんこぶ、喉に刺さったとげ。

 

 

 

 

そこできょうのお題なんですが

 

 

だいたい、この

土星天王星のスクエアってなんやねん

 

どんな意味がある?

 

 

 

ひとことで言うと

 

権威、伝統がひっくり返される。

これまでになかった新奇なものが、現実になる。

 

 

社会的には、コロナで変わった生活様式、リモートが当たり前、もう流行らない業種とこれから流行る業種、等々が確実に根を下ろし・・・もう後戻りはできないということが、決定的になる

 

 

 

それらと同期するように、

いろんな社会的通年、価値観も変化しています。

 

お金に対する価値観、

社会のあり方、

家族の定義、

性別や容姿に対する社会的常識、

天皇や天皇制のあり方

 

・・・・

 

 

これまで疑うことなく 

みんなで受けれてきた「当たり前」が、

当たり前じゃなくなる。

 

新しい「当たり前」に、取って代わられる。

 

強制的に覆る。

 

これが、

土星天王星スクエアの象意。

 

 

 

 

社会システムの物理的現実の変化、

それに伴って起きている価値観の大きな変容が続く。

 

 

2020年に引きつづき2021年も大きな変革の年と言われたけど、

いま振り返っても確かにそうね

 

そのいっぽうで、

2021年は、3回起きる土星天王星スクエアに支配された年とみると、

わたしは2012年~2014年に、7回起きた天王星冥王星スクエアを思い起こすのです。

 

 

 

2012年といえば、
26000年周期の宇宙の中心から到来する大きなエネルギーの波が、「分離」から「合一」へ切り替わった大きな大きな節目でした。

 

前年には東北大震災があり、社会が動揺していた時期です。
2012~2014年、どんな時期を過ごしていたか、覚えていますか?

2013年、アベノミクス始動、秘密保護法、TPP参加、スノーデン元CIA局員の米情報収集活動の暴露、エジプト政変、
東京オリンピックはこの年決定しました。

2014年、集団的自衛権の行使容認、朝日新聞が従軍慰安婦問題の証言に虚偽があったとして一部記事を取り消す、STAP細胞と論文捏造、御岳山噴火、広島土石流災害、エボラ出血熱の世界的な感染拡大、セウォル号沈没事故、イスラム過激派勢力拡大・・・

 

これが、天王星冥王星スクエアの時代。

2021年のいま現在も、この過去に負けず劣らず「激動」ですが、

あの時期に、いまの下準備が行われています。

 

 

天王星冥王星時代は、

本来の生き方、そうあるべき人生に沿うべく、変容を迫られるときでした。

 

たとえばわたしの場合でいうと、

2012~2013年に出会うべき人物(複数)に予定通り出会い、2014年に状況が急転、有り得ないようなことから勤めていた会社を辞めることになりました。

収入がなくなる怖さと、自分に対する正義の、究極の二択でした。

 

自分の人生に、なんでやねん!と何度ツッコミを入れた思ったでしょうか。

コロナ禍のいまなら、突然収入の道が断たれるなんてざらにあるでしょうけどね。

 

あの頃は

天王星冥王星スクエアという星回り的には、

自分本来の生き方に目覚めるとき

 

天王星と冥王星が目覚めを促す時代

起きるひとには急激な路線変更が起き、いま起きていることが先取りされた時代です。

 

いずれ多くの人が、お金ではなく真心からやるべきことにむかって路線変更をするときがくる、自分の身に起きたことはいずれ多くの人が体験する。 そう直観したものですが、2020年に「あの通りになった、そのときがきた」と思いました。

 

 

 

そいうことをふまえると、

 

2012~2014年の天王星冥王星スクエアで

使命に目覚め、運命的コースに移行する、

 

2021年の土星天王星スクエアで

その足固めをする

本格的な目覚めの時期

 

とも読めるのです。

 

 

 

そんな流れをふまえて

あらためて人生を振り返ったら、

 

いまだから気づけたことや

いまはじめて知った新事実、発見が

でてくるかもしれません。

 

 

なにしろ、

土星天王星スクエアは2021年に3回起き、

この一年のほとんどを支配しており、

 

3回目の最後のスクエアが、

いままさにできたところ

なのですから。

 

 

七色の魔術師まーりん

 

 

ご訪問ありがとうございますキラキラ虹のゲートからお帰りくださいキラキラ