夜だけじゃなく朝からすごいらしい☆水瓶座満月 | まーりんのまりんエッセンス

まーりんのまりんエッセンス

魂・心・体に響き渡る、これから先の時代のエッセンス
「海のエッセンス」「月のエッセンス」の物語

8月15日の夜明け前

 

シリウスが

太陽にさきがけてのぼる=ヒライアカルライジングがおきる

という情報がKa Gold Jewelryからきました。

 

 

This Year, we are celebrating the heliacal rising of the brilliant star Sirius, the sky’s brightest star, with a couple of very powerful planetary alignments. These are the days that Sirius is making its first-morning appearance (depending on the latitude), rising before sunrise, after its long disappearance (around mid-may), he is now resurrected again from the solar light.

 

 

 

 

古代エジプト人たちは、シリウスがおよそ70日姿を隠したのち、太陽が地平線に昇る直前に出現することを知っていた。このシリウスのヒライアカルライジングは、ナイルの増水・氾濫の開始と一致していた。

 

太陽が獅子座に入ると、怒り狂った雌ライオンのように獰猛なナイルの氾濫がおきる。それは第一瀑流をこえると静かに広がって、エジプトを水没させ、実りをもたらすものとなる。

 

こうしてエジプトでは、洪水が、新年の幕開けとなった。

 

シリウスはイシス=ソティスとも呼ばれ、

銘に「われは、星々の王女」「われは一年」と刻まれたのはそのためである。

 

 

 

フィラエのイシス神殿
2月のエジプト旅行で、偶然にもフィラエ島にいく前日に泊まったオールドカタラクトホテルの部屋に飾ってあった写真。 アスワンダム以前は、洪水の時期はこんなふうになっていたんだという、貴重な一枚。
 
飾ってある写真は部屋ごとにすべて違って、シンクロでわたしはこの部屋に招き入れられた感じ。
ちなみに、アガサクリスティが「ナイル殺人事件」を執筆したホテルだよ。
 
 
 
翌朝撮った、いまの姿
 
 
 
 
おまけ
 

 

 

 

 

シリウスのヒライアカルライジングは、

太陽系外からの干渉をうけるライオンズゲートと時期を同じくしていて、

太陽によってシリウス意識につながりやすくなるといわれる。

 

明日のライジングがとりわけ特別なのは、

シリウスが水星とともに昇るParanatellonta(Paran)だからだそうで、

シリウスの創造性が水星の知性、言葉、精神性を通して表現されるだろうと。

 

そしてまた、

その後に続く太陽と金星が完璧なコンジャンクション(合、重なる)、

さらに続く火星も獅子座のレグルスとコンジャンクション。

 

これらも金星と火星のパワーを増大活性化させる。

 

 

 

そして、獅子座太陽のもと、水瓶座の満月がやってくる。

 

 

 

つまり

 

占星術的には、

 

夜の満月だけでなく 8・15は朝からすごいらしい。

 

 

 

もちろん

夜明け前からエッセンスつくるよ。

こうご期待キラキラ

 

 

七色の魔術師まーりんキラキラ

 

 

満月の星読みもどうぞ

水瓶座満月、太陽原子エネルギー昇華のコツ