Flute Gathering 2016 | Wind Walker

Wind Walker

ネイティブアメリカンフルート奏者、Mark Akixaの日常と非日常


テーマ:

 

本日はココペリ倶楽部、湘南音楽院藤沢インディアンフルート教室、東京インディアンフルート教室、そして静岡のコペリ会とで年に一度の合同発表会を行いました。

 

会場は前年と同じ二子玉川のKIWA。

 

このゴージャスなステージに場を移した昨年は皆さんあがってしまったのか練習の成果を十分発揮できなかった方が多かったのですが、今年は少し慣れたのか、前年よりもまたレベルアップした印象を受けました。

 

 

各々のソロ演奏もレベルが高かったですが、アンサンブル演奏の素晴らしさも今回は際立っていたのではないでしょうか。

 

これは生徒さんのみならず、構成を考えた各教室の先生との二人三脚の努力が実を結んだものでしょう。

 

インディアンフルートは現地でも独奏されることが多い楽器なのですが、ひょっとしたら「アンサンブルで美しいハーモニーを奏でる」というのが日本におけるインディアンフルートの伝統芸として認識される日がいつか来るのかもしれない。そんな未来すら想起させるクオリティーでした。

 

 

司会はもちろん小林節子さん。

 

節子さんとジャッキー氏の明るい雰囲気が、今回も会を盛り上げてくれました。

 

 

参加者の皆様、応援に駆けつけてくれた皆様、本当にありがとうございました!

 

来年はきっと更に素晴らしい会になるだろうという希望を私は持っています。

 

Mark Akixaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス