〝人のせいにするのは楽だよね〟(からの、毒妻=毒親) | アフリカ人と日本人の国際恋愛・国際離婚解毒カウンセラー / HIPHOP×アフリカ布のハンドメイド・インポート通販

アフリカ人と日本人の国際恋愛・国際離婚解毒カウンセラー / HIPHOP×アフリカ布のハンドメイド・インポート通販

在日毒アフリカ人男性との自身のパートナーシップ且つ日本人女性のインタビューより様々な角度から研究し、素直に感じたこと学んだことを発信しています。
セレクトショップは2015年より趣味として運営しており、今後もマイペースに続けていくつもりです。

こんばんは。

国際離婚解毒カウンセラー兼、アフリカとHIPHOPのセレクトショップ、『Crazy Funky Cool』店長の野地 麻理子(ノヂ マリコ)です。

ギルティが終わってしまいましたが、みなさまは観てましたか?


私は適当にテレビつけてて見入ってしまうことが多々あり、今回もそのケースですっかり見入ってしまったのですが、

初めは、

なんじゃこのドロドロ恋愛物語はw

(嫌いじゃないけど)
(続きもなんか気になる)

というかんじで観てたのですが、

途中からは完全にカウンセラー目線で学ばせてもらいました。

漫画が原作なのでフィクションではありますが、それぞれの役柄が抱えているものが、実に現代と描写していて感心しました。

人の痛みは、果てしなく深いなぁと。

(観てない方はなんのこっちゃですみません。)



私が感じたこの作品への一言

✔️出演者全員がメンヘラ
✔️毒の連鎖を断ち切るのは自分
✔️家族問題が解決できれば道は開ける

それぞれの役柄の背景

=生い立ち・家庭の事情がその人の人格となり、

復讐の連鎖を招いていたのでした…

という、

過去の自分と重なることだらけでした。






散々迷惑かけといて、今更心配?

全部お母さんのせいじゃない!

今更心配するくらいなら、

だったら何で?

なんであの時…!




からの、

ごめんね莢…

お母さん、迷惑ばっかりかけて…

からの、

違う、お母さんのせいじゃない。

全部自分で決めたこと。

自分で決めたはずなのに…



あぁ…

私も似たような道を歩み、

今更感満載の中、

あんたのせいだとこれまでの思いの丈をぶつけ、

母に謝罪させ、

最終的に今、

全部自分で選んできたからこうなったことを

完全に受け入れることができたんだよな〜

と、

このドラマで復習させてもらいました。笑


それから、

なんで私ばっかり!

の、復讐に命を捧げる瑠衣の生い立ちも、そりゃあんな毒親に育てられたんだから仕方ないよねと納得しましたし、

だからこそ、

長年の自分軸で生きられなかったことへの生きづらさに、

やっと遠回りをして気付いた末、覚醒した葵の言葉



人のせいにするのは楽だよね

だって私もずっとそうだったから

だけど

それじゃ何も変わらなかった

ずっと苦しいままだった

正論かどうかなんて関係ない

自分で決めたかどうか

それが全て

もう同じ間違いは繰り返さない


私がこのところ更新している、毒アフリカ人と毒親から学んだことと、ほぼ同じだと思ってます。





しかし皆さん演技派で、主役陣をはじめ素晴らしいキャストだったな拍手



漫画もまた復習も兼ねて読みたくなってしまったもん。


読んだ人、ご感想教えてください^ ^


あとToshiさんの主題歌も良かったです拍手





という感じで

ドラマではあっけらかんと
とんとん拍子に進んでったけど、

現実世界では、

まー気付いてない人の多いこと多いことえーん



の、残念コメントに思わずFacebookで呟いてしまったのですが、そのままコピペします。




【私には縁のない嫌いなオンナ】

こんなコメントが上位に上がるほどこの不倫大国日本の妻たちも嫌々暮らしてるんだろうなと呆れるんですけど(笑)

自分の経済力を理由に別れられないなんて完全に自分都合の甘ったれ。

この方の年齢にもよるし、時代は関係ある場合もあるけど、何十年も前からシングルマザーやってる人はやってるからね。

自分自身の決意と覚悟もないくせに、不倫した旦那への恨みを募らせ嫌々暮らしながらこんなところで文句言うくらいなら、とっとと離婚して自分の人生やり直せばいいのに(笑)

似たような毒アフリカ人の日本人妻の話も聞いたことがあるので重なったのだけど、

女、金、養育費、育児放棄、逮捕、DV、裁判、無断で配偶者ビザ延長・永住権申請、散々なトラブルを耳が腐るほど聞いてきた中で、

そんだけ散々あるくせに

「離婚したいんだけど〜」

と言いつつそれでもなお一緒にいるのは、自分にとっても都合の良い何かに自分の人生を委ねているからに他ならないと思う。

したいんだけど〜

程度の気持ちでは、
『一生離婚できない現実しか引き寄せない』
引き寄せの法則が働く。

自分で動く覚悟もない人たちはそもそも私のまわりには寄ってこないが、仮にこんな女に相談されても門前払いです。

本気で離婚するために行動してきた私のまわりのシングルマザーさんたちは、有名人でもなければ経済力がめちゃくちゃあるわけでもない。

地に足付けて自分と向き合ってるし、自分の毒も受け入れて自立と自律が出来ているから、他人の選択をジャッジしたり羨んだりしない。

有名人だから
一般人だから

経済力があるから
経済力がないから

本気で生きてる人は、
こんな言い訳しないね。


😑😑😑😑😑


このおばさんは、

なんで私ばっかり!

と悲劇のヒロインを演じつつ、

結局なんやかんや

良いところもあるし〜

とか

独りで生きてく勇気もないし〜

とか

散々連れ添ったんだから財産欲しいし〜

とかいう理由で一生不倫した旦那を恨みながら同じ墓に入るのか知ったこっちゃないけど笑い泣き

残念ながらこんなコメントに素晴らしくイイネがついていて、

私もです!派がいかに多いのかを知りましたがw

この方をはじめ多くの賛成派の方々は、何かとんでもなく痛みを感じなければ死ぬまで変わらないことでしょう。

一方で、

・その人生を選んだのも自分、選ばなかったのも自分
・そこまで嫌なら離婚されたらどうですか?
・添い遂げると決めたなら過去のことをガタガタ言うな
・似たような環境の中でも資格の勉強してる人居ましたよ
・自分が離婚できなかったことで、離婚した人のことを正解とか言っちゃってる時点で頭の良い人ですねw
・他人の苦労もよく知らずに羨ましいとか言うもんじゃないですよ

と、

私が言いたいことを書き連ねてくださってる人もいたので、ヤフコメって時々見ると面白いなと感心しました。

何より気の毒だったのが、

経済力があるから離婚できたと勝手に正義を貫かれた杏さんであります。

こういうのはだんなデスノートの離婚するつもりのない奥様方と井戸端会議をすればよろしい。

兎にも角にも、

悲劇のヒロイン甚だしい笑い泣き笑い泣き笑い泣き

という、

毒嫁の話から
全て繋がるんだよなぁと気付いた、毒親の話。


出産した娘から連絡がこないと嘆く57歳女性に、鴻上尚史が断言する「親が子供に絶対に言ってはいけない言葉」


娘から連絡がありません。



お母様ご自身が自分と向き合い余生で改心しなければ、なーんも変わらないよ。


本日のタイトルの通り。

人のせいにするのは楽だよね^ ^


生きづらさ、モヤモヤを抱えて生きているあなたへ。

全ては自分が選んだ結果を生きている。

これを受け入れられた人間は、見えてくる景色が変わります。

と、

私は自分の経験上お伝えしたいです。



最後までお読みいただきありがとうございます。

お問合せ等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

◆アフリカ×HIPHOPの融合◆

ハンドメイドアクセサリー インポート通販

~CrazyFunkyCool~

野地 麻理子(ノヂ マリコ)でした^^

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
【CrazyFunkyCool HP】
【instagram】
【facebookページ】
【Art of Africa アフリカンカート美術館】
【twitter】
【お客様紹介】

【解毒オンラインサロン】
【お問合せ先】
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲