You must remember “WHO YOU ARE” | アフリカ人と日本人の国際恋愛・国際離婚解毒カウンセラー / HIPHOP×アフリカ布のハンドメイド・インポート通販

アフリカ人と日本人の国際恋愛・国際離婚解毒カウンセラー / HIPHOP×アフリカ布のハンドメイド・インポート通販

アフリカ人男性との国際恋愛、結婚、離婚について自身の経験と日本人女性のインタビューより様々な角度から研究し、
素直に感じたこと学んだことを発信しています。
2015年よりショップは趣味として運営しており、今後もゆるく続けていくつもりです。

こんにちは。

国際離婚解毒カウンセラー兼、アフリカとHIPHOPのセレクトショップ、『Crazy Funky Cool』店長の野地 麻理子(ノヂ マリコ)です。

予想通りの感無量拍手100点🦁


都内某駅構内には特大サイズのポスターが爆笑


劇場に向かう途中で、石田◯一さんを目撃しました。
あんまり凝視するのも失礼なので、さっと目撃だけしておきました(笑)


前回の記事、翌日だったかな。


#ケニア 公式ハッシュタグ
ランキング1位 🙌🏾


25年分の思いがだだ漏れしていて、

何から書いて良いかわからん笑い泣き


VSでは争えない両方の良さを何と説明したらよかろう。

とにかく1994の映画に限りなく沿った超実写でした。


1994 当時10歳

25年の時を経て改めて感動したのは、

シンバの父ムファサの哲学でした。



You must remember “Who you are”

シンバ、お前が
“何者かを忘れるな”

下差し

自分と向き合うことから
逃げるな

と言われているようで。

子どもの頃の傷を抱えたまま、

ハクナ・マタタをネガティブに捉えていたシンバが、

心の中に生きていた父と再会を果たしRISE UPする姿に、

自分の過去と、25年分の思いが爆発しているのだと思われます。


最もシンプルな話。

今私が再三発信していることは、

誰かや何かせいにせず、
自分が気付き、学び、
変化していきましょう。

という事。


自分の人生のタイミングが

この実写版によって更にクリアになりました。


そして改めて、ストーリーと哲学、

音楽に惚れ直したのでした。

ちょうど今エルトン・ジョン様の映画の宣伝をしていますが、


彼の手がけるライオンキングのサウンドトラックは、全て記憶に残っています。


小学生の頃に買ったサントラ

久しぶりに見たらボロボロなんですけど、

これまた25年ぶりに感じるものがありました。


このボロボロサントラの冊子の前置きの文章を読んだのですが、そこには

アフリカン・ジャングルのサウンド

と、書かれていました。

今日は時間がないので、音楽の話はまた後日。



最後までお読みいただきありがとうございます。

お問合せ等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

◆アフリカ×HIPHOPの融合◆

ハンドメイドアクセサリー インポート通販

~CrazyFunkyCool~

野地 麻理子(ノヂ マリコ)でした^^

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
【CrazyFunkyCool HP】
【instagram】
【facebookページ】
【Art of Africa アフリカンカート美術館】
【twitter】
【お客様紹介】

【解毒オンラインサロン】
【お問合せ先】
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲