8/23は「Wait for the Wind in this Land〜この地でかぜまち」というライブイベントでの出演でした!

久々のソロステージ
超久々なライブハウス空間
(スタンディング系)

昔住んでた下北沢
ロックの町 下北沢、
このタイミングでこのイベントが開催され、その中に置かれて、そこでゴスペルを届ける、歌うことになるなんて…想像してなかった!まさに奇跡、御業!


個人的に
下北沢からスタートする事で、
新しい風を、息吹を与える!
そのような思いが心にやってきてのぞんだ"かぜまち"でした。

それが現れる夜だったのでは〜
と感じられる時間でした。


CLUB 251にて
出演3組のうちトップバッター!

何を残せるか、何が残るか
メッセージ届いたかな〜
誰か励ますことできたかな…
ゴスペルの歌詞の中心にある存在、愛、希望、励まし、祝福、喜び…
ひとりでも心にギフトを受け取ってくれた方がいたら嬉しい、そう思った。

ステージ後に声かけてくださったお客様から直接感想を聞けて、それがまた励ましになり、祝福の時になりました。

新しい出会い、繋がりもあって、
今後ちがう空間でこのイベントで出逢った人々と再会するのが心待ちです。

"かぜまち"に関われたことが大きな喜びとなりました。ありがとうございました。
関わった全てのアーティスト、たくさんのスタッフ、運営実行委員、全員に心から感謝します。

今後のことも繋がりも広がりも祈り続けます!


※写真はいろんな人から頂いたり、投稿から拾ったりしたものです。