10時過ぎ
笠原 正好
絆JAPAN代表
の集合コールで始まった


枝を振り回したくなるけど
周りのお友達の目に
入ったりするから
やっちゃダメだよ

ここから
遠く離れないこと

と注意事項を伝える

まずは
スナフキンハットかぶる
ヨハン
が子どもたちを前に




地球上で1番大きな生き物は?

えっ、クジラってかあ
長いクジラで
35mくらいかな

木なんだよぉ
この木は115mあるんだよ



じゃあ、1番長生きする
生き物はー?

日本の屋久島の縄文杉で
2000年生きてる

なかには
まさに縄文時代から
生きてる木があるんだよ

木は動けないからね
生きてる感じしないよね

でも生きてるんだよ

木同士で話してるとも
言われてるよ

だから
木を蹴飛ばしたり
枝を乱暴に
折ってはいけないんだ

泣いちゃうでしょ

今日も木に感謝して
遊ぼうね



今、聞こえる声は?

そうだよね、鳥だよね
じゃあ、これから
鳥の鳴き声がでるもの
バードコールっていうのを
作って呼ぼうかあ☺️

枝を長さ4,5cmくらいで
切り落とすのに
子どもたちは
必死に
ノコを引く


大人も真剣だ


断面を
サンドペーパーで
ツルツルにする

聞くと
別に磨かなくてもいいが
子どもたちにいろんな
体験をしてもらう
ためらしい

その後
ヨハンにドリルで
穴をあけてもらい
フックネジを
ねじりこみ完成

ところが
我ら3人のものは
鳴らない
不良品になっちゃった


子どもたちは
ネジを回して
ピュー、キュー、ピー
とか鳴らし
喜んでいた

合間をみては
子どもたちは
やぐらのウォールに
かけ上がる


そろそろ
そうめんランチの時間だ

子どもたちで
樋状の竹をつないで
傾斜をつけて
準備


なんと言っても
お母さん方が
用意してくれた具が
盛りだくさんだ


正午
そうめんを
流しはじめる


子どもたちは
取りやすい所を
交代で
一人占めしない


流す役は
笠原隊長、りょっぴー


からマッキーに
交代する


こんな
おいしい そうめん
あまり食べたことないよ

マッキーも
たくさんいただく


お腹いっぱいになり
隊長の
あまり手出しはしない
という方針に沿って
子どもたちに
そうめんセットを
片付けさせる


昼休みに入る

この間
テントハウスは
救護所にもなる

このような体験は
多少のケガは
つきもの

中には
4ヵ所も
スイバリがささり
毛抜きなどで
取るのだが
みんな我慢強くて
ビックリ‼️


必死に泣くのを
我慢している
姿に感動した

大人も励まして
すべて抜きとった


森の中に
入っていくと


前回の
森のプロジェクト
で子どもたちが
作りはじめた
作品や基地が点在


こんなことできる
場はなかなかないよね


隊長の想い、夢を
応援する気持ちが
熱くなるよ❗

お母さんのひとりから
ここまで
何時間かかったんですか?

と質問された

ネモくん
   えーと
   5時に川崎を出てー

そこで、マッキー
すぐ突っ込み

違うでしょ
5時5分に出たんでしょ

ネモくん
    プフッ

1時20分
子どもたちは
ヘルメット姿になり
隊長の前に集合


午後の部が始まった

     マッキー三世