GWに水上温泉の旅 後編

テーマ:
5月2日
起床時から
予報に反し
小雨がぱらつき
露天風呂にも
落ちる

再び窓際の席で
朝食

ホテルからの
谷川岳山頂は
雲の中だけど
折角なので
行ってみようと
送迎車で
水上駅
まで送ってもらった


10時
駅前からバスに乗る

満席状態
20分で
谷川岳ロープウェイ
土合口駅  (746m)
に到着

ありゃ
バスとロープウェイ
得々セット
買い忘れちゃった❗

22人乗りのゴンドラが
次々ときて乗り込む


2400mを15分かけ
残雪ある
急斜面を
天神平駅(1319m)
まで11時上がった


一面の雪
2.3mの積雪らしい


スキー場ゲレンデがあり
スキーヤー、観光客で
混雑

りょっぴーと
登山心が出て
右手の斜面を
長靴を借りて
ビニール傘を
ストック代わりに
登った


登りきると
天神尾根
の広場に出た

正面を
双耳峰のひとつ
谷川岳トマノ耳(1963m)
が迫る


その向こうに
オキノ耳(1977m)
があるのだろう

右手の沢をはさみ
笠ヶ岳、朝日岳、白毛門


至仏山その右横に
形の美しい武尊山(2158m)


更に眼下の
高倉山と後方の天神山の間に
はるか向こう
赤城連山が見えた


この説明を
ゴンドラの隣席にいた
これから谷川岳に登る方に
教えてもらった


     これは山登りする方だな
    と思いましたよ

と言われ

いやー、なんせ
この傘がストックじゃーねえ

そして
片道2時間で
5時の最終に間に合うように
帰りますよ
と言って去っていった

さあ
上りより下りだ

雪で滑る

すぐズルッと滑り落ちた

続く
りょっぴーは
かなり下まで尻もちついて
滑り落ちていった

そして
   面白いよお
   滑り台みたーい
   ポンもやってみたらー

わざと滑り落ちると
一気に下りれた

その後は
かかとから
雪の斜面を踏みしめ
下りていった

気持ちいい❗

1時間あまりの滞在で
再びロープウェイで下った

白毛門が正面から近づく


土合口駅に
0時半着き
バスまで時間があったので
歩いて下りていくことにした

途中、慰霊塔があり
遭難者名が
彫り込まれていた

世界一遭難死者が多く
ギネスにも
登録されているらしい

土合駅前を通り
30分で
谷川岳ドライブイン
に到着

名物  生どら焼き
を買って食べた


ラムレーズンを食べた
とわかると


おじさんスタッフ
そりゃあ、おとなだねえ
と  りょっぴー言われた

更に先を目指し
赤沢橋
まで歩き


湯桧曽公園
では
まだ満開のサクラに
目がいく


バス停からは
晴れてきて
谷川岳の姿が見えた


そこからバスに乗り
水上駅まで戻った


800m先のホテルまで
歩く

湯原橋からは
美しい
利根川谷川岳
絵になる風景があった


3時半ホテルに戻り
入浴、夕食と
のんびりした


最終日
最高の天気だ


最後のお風呂と
朝食を堪能して


10時チェックアウト

水上駅まで送迎してもらい


10時50分
上毛高原駅行きバスで移動

ちょっとずれていれば
とも思うが
新緑の葉のあざやかさは
雨の日に楽しめた

なんと言っても
長期連休でも
働いてられる方々がいて
この旅が
成り立ったのだ❗

本当に感謝だ‼️


11時43分発の
新幹線に乗り
1時東京駅に到着した🎵

今回も
たくさんの体験
出会いにありがとう


水上のミナさんの
ブログコメント
こんなこと
今までなくて
うれしい❗

地元の盛り上げに
貢献する姿を応援したい

すべてにありがとう

     マッキー三世