13日(木)小雨の横浜駅で

マリン歯科に向かう りょっぴーとパーし、

マッキーはYCAT発 成田空港行き

9時の空多い電車最前列に乗る




事故によ駅では成田には行けないから

満かと思っていた


80分で新国際空港に到着し

今回のスタディーツアー参加者と合流




絆ジャパン  笠原正好代表
長野県塩尻市からの看護婦 小林さん
そして、昨年参加した生徒逹より おとなしそうな
東日本大震災被災を受けた高校生参加者5人





昨年同様、

招待する生徒の中から

スリランカの

スマトラ島沖地震の津波被害からの復興状況や

文化に接して

震災から立ち直るリーダーに

ひとりでも現れることを

目的としたスタディーツアー

の主役たちだ


お見送りの理事鎌田葉子さんがすでに集合していた


ところが空港でパスポート回収する際に

宮城県大崎市から参加の

高校3年の芙実香さん

パスポートを家のコピー機に忘れたことがびっくり発覚


宅急便で送ってもらう手配したが

急遽 足止めになることになってしまった


笠原代表、鎌田さんはその対策に汗奔走



チェックインし2人に見送られてゲートイン




WINGスリランカ航空 13時20分発

に乗り込むが 向こうからの到着が遅れたため

20分余り離陸がずれ込んだ




飛行機内はとにかく寒い


なんでこんなにブルブル寒くするんだろうね


マッキーは空席にあるブランケットも集め

3枚を巻きつけて寒い耐えた




しかし、機内の各席に付いてある画面は

映画やゲーム飛行機の居場所を示す内容も

更に充実していた


  コロンボ バンダーラナイケ国際空港

までの所要時間は9時間20分


くもりが多く、夕陽はきれいだったが、

セイロン島に近づくも

昨年のように確認できなかった




スリランカは日本との時差が

マイナス3時間30分


スリランカ時間の7時15分到着




蒸し暑いが成田よりマシかな


荷物を受けとり、出口に向かうと昨年同様

スリランカ人案内役 プラシャン

マイクロバス運転手 ジャーナカ

が待っていた





8時バスマイクロバスに乗り込み

11日間の

   スリランカスタディーツアー

がスタートした


ガラガラの車、日没高速道でコロンボ市街に向かう


昨年も最終日泊まった目の前が海
  The Ocean HOTEL
504号室に太一と入ったのが9時


太一は昨年も参加しており気心知れているし

マッキーはツアーに入りやすかった


表情も柔らかく、

この1年の成長を感じ 落ち着きが増した

身長もかなり伸びて16才になったようだ


wcの横には やはりシャワーがついている



ウォシュレット・やわらかウォシュレット・ビデなのかsao☆汚した際に

洗うものなのか

マッキーはウォシュレットとして使う

シャワーを浴びぐぅぐぅ



さあ、どんな学びがあるか



この機会を与えていただいた

すべてに感謝しつつ、ワクワクしてきた


   マッキー三世

横須賀市久里浜の歯医者はマリン歯科