ハンドメイド家造り⁉️


これ面白い爆笑
マイペースで家をつくる🎵
何かこう人の歯をチマチマやるより
ガンガン出来て気を遣わないのが良い
得意分野は抜歯(笑)


痛いとか文句も言われないし😅

今度は屋根をやってみたいな~✌️
疲れたらお茶をするお茶
時間に縛られないから良いよ爆笑



野鳥の声を聞いて
今度はツリーハウスを造り
そこに鳥さん達の小屋をつくるんだ~
一級建築士の人が作った鳥小屋の
見本もあるしね~✌️

昔はガンプラをよく作って
色までつけてましたよ(笑)
リカちゃん人形は興味なし(笑)

何か三密になってやることが
増えた🎵

  ではではりよっぴ~でした爆笑


26日(日)の朝
鳥の鳴き声で起床するが
やはり雨


ちょっぴり
朝食の準備の手伝いをし


いただいた

すると雨があがっており
9時半から 急いで
昨日の小屋作りの続きに
取りかかる


主には外壁の打ち込みだ

隊長が時に替わると
3倍は早いスピード



しかし
じっくり やらせてくれる


子どもたちの指導も
同じだよね

時には陽が射し
「これが昨日だったらねぇ」

裏面に移り
快調に進みはじめた
11時過ぎ
バッテリー🔋切れ


昨日
カフェで売れなかったケーキ🍰で
コーヒーブレークすることに


こりゃうまい

盛りつけから
カフェ風だ🎵

さあ
もう少し がんばろう


ところが
30分しないうちに
また強い雨で退散

もっと手助けしたかったな❗

ひと休みして
隊長に送ってもらい
中央高速道 原
バス停まで送ってもらう

2時41分発
新宿バスタ行きに乗る

コロナはあるが
さすがに
途中 渋滞があり
予定より
30分余り遅れ
6時到着

今回
熊本水害の
ボランティアには行けなかったが
素晴らしい連休を
過ごせた


隊長は
大きな夢を持ち
追い続けるも
過度の期待を
周りに
押しつけない

これは
ボランティアスピリッツ
の原点だ❗

話しのなかで
「自分に向いた
 ボランティア活動は
 淋しい
 何をするにしても
 他人のために
 なっていれば
 それでいい
 だから
 その活動に
 助成金が出る
 出ないは
 ボクには
 関係ないなあ」
とのフレーズがあった


自分を問うた

周りのひとのためと
言いつつも
果たして
誰にも知られず
誰にも見られず
誰からも声をかけられず
でも
その行動の継続が
できるのか?


しかし
わたしは
隊長の夢を
近いものにする
関わりになりたい


隊長はきいた
「マッキー
 幸せかい?」

  「はい、幸せです」
と即答できた


だって
すべてに恵まれ
ついてるもん

りょっぴーと共に
歩む日々
そして
今は亡き家族
わたしのメンターの
隊長をはじめ
マリン歯科スタッフ
をはじめ
患者さん
知り合いの方々
これ以上
何を求める❗

そして
まだまだ
成長の余地が
たっぷり‼️

学び
経験すること
感じる、考えること
誓います

すべてに ありがとう🎵

 マッキー三世












翌朝 やはり森は雨☔


朝食中に
鳥の鳴き声

いつもと同じパンなのに
おいしさが違~う❗


外の作業は できない

「仕方ねえなあ
 店でも開けるかあ~」

  「えーっ」

「だって
 きまぐれカフェだもん」


11時オープン

「誰か来てくれるよーに
 FBに出そうねえ」

 「えーっ
  そんな感じですかあ」

わたしたちは
リビングで読書📖👓

隊長は
レジカウンターで
情報発信


「お客さんも 来ないし
 わたしたちのランチにしようね」

と隊長自ら
トマトソースのパスタを
作ってくれて
カフェ内でランチ

りょっぴー
 「隊長
  お客さん来たら
  どうするんですか?」

「お客さんのふりを
 しとけば いいじゃん」

  「えーっ
   注文とりに行って
   飲み物
   誰がするの?

   マリン歯科も
   こんな雰囲気で
   やりたいわあ」


さすが
めちゃうま~


食後は
絆JAPANのこれからを
話した

。隊長にすべて頼る状況では?
隊長からは
🔘できること得意なことを
 分業してやる仕組みにしたい
 マッキーも神奈川で
 新たなイベントを計画してほしい
 そろそろ
 トム・ソーヤだけに
 関わらせてもらいたい


。スリランカの中国寄りの政策は
 支援の仕方を考える時では?
🔘日本もそうだけど
 未来を政治家が考えておらず
 今を、自分だけが良ければで
 もっと国民がしっかりしてほしい
 経済レベルも上がってきて
 もっと貧困国を支援することも
 視野に入れるか
 支援範囲や方法を考えたい
 スリランカ、海外支援は
 マッキー、まみーたに
 任せていきたい

。熊本水害ボランティア活動は?
🔘災害ボランティアの
 活動指示できる者が
 現地に不足しているから
 また9月から行こうと
 思ってるが
 できれば
 後方支援に回り
 子どもたちのサポートに
 重点を置きたい

などが出た

3時
「さあ、雨も上がったみたいだし
 小屋作りしようか」
と片付けていると
ひとりのお客さんが入ってきた

「いやー
 スリランカ紅茶いいよねえ
 紅茶って殺菌作用があるんだってね」

隊長は しばらく
話し相手になっていた

わたしは
森の中の小川の
水音聞き入っていた


お客さんの帰った4時
やっと作業開始

19日(日)
秘密基地小屋


外装を
子どもたちは
安全な
低位の板張りと外壁を
張ったので
高位を我々がするのだ


脚立に上がり
板を便利な
ビス、ネジ止めで
打ち込んでいく


ところが
1時間もしないうちに
強い雨が降りだし
あきらめた

買い物に行く途中
山に白帯したような
雲に遭遇


その後
村営 もみの湯
で入浴

関東エリアのナンバーの
車が目立つ


玄関でコロナ感染対策で
体温測定していた

戻って
7時 楽しい夕食


食後
隊長に熊本から
指示を仰ぐ
長~い電話が入った

てきぱきとした返答に
さすがだなあ
と感じる

わたしたちは
途中で二階にあがった

 マッキー三世