双六小屋から黒部五郎小舎

テーマ:
あまり眠れなかったが
8月12日(日)を迎える

広島のご夫婦を見送り
5時15分朝食

ごはん、味噌汁おかわりだ


朝陽はちらっとだけ

6時半
双六小屋
出発

脇の坂を上ると
すぐ小屋の姿はガスの中

先に行く若者グループ
      どうぞお先に

           いやいや若者に付いて
            行ったら
            ボクも若者と
            間違えてくれるもん

      えーわっはっはっ

三又路に出て


巻き道は一昨年歩いたので
稜線ルートを選び
再び登る

ゴロゴロ坂道が続いた後
平坦に近くなる


晴れてたら
槍ヶ岳、穂高連峰
が背後に迫るようだ


結局
若者グループを追い越し

再び上りを進むと
あれっ
1時間先に出発した
広島からのご夫婦

追い抜き

双六岳  2860m


山頂に7時半立つ

若者グループが追い付き
       先で待っとるからな

   はい、わかりました

そこから
それほど
凸凹の少ない道を進む

すると
ほとんど荷物ない
お兄さんが抜いた
    双六小屋に荷物置いて
    周回するんです
     3Lビール持ってきて
    今夜はワインにするかな

           えー3Lぅー
           ワインまでー

突き当たり
左手に少し上がり

三俣蓮華岳   2841m


8時45分登頂

ここも360度真っ白

が30秒だけ
これから
向かう方向が開けた


これもラッキー

そして
黒部五郎小舎方面
に下りはじめて
後方から来た若者から
    三俣山荘周辺は
    ガスってなかったですよ
と情報を入手

鷲羽岳に登ってみたい
と希望する
りょっぴーに合わせ
再び山頂に引き返し
ゴロゴロ急坂を下る


確かに巻き道との
分岐まで降りると


視界がよくなってきた

そこを左折

樹林帯を


抜けると
キャンプ場、小屋が見えた



ここで
3Lビール兄ちゃん
すれ違う

続いて
追い越してきた
広島からのご夫婦に
追い付き一緒に
三俣山荘
にゴール


小屋に荷物を置き
ランチ中の
ご夫婦に最後の
お別れした

10時半
山頂まで見え出した
鷲羽岳   2924m
を目指す

ひたすら上り
三俣蓮華岳
山頂で
これからのルートを
話し交わした数名さんに
     あれっ、なんで
     ここにいるんすか?

            いやー、もう一度
             あなた方に会いたかったから

    ありゃー光栄ですーハッハッハッ

途中右手に
鷲羽池が見えた

その向こうに表銀座連山だ


山頂には11時半
着き


20分滞在
隣のワリモ岳
右手向こうに野口五郎岳


眼下に
三俣山荘黒部源流
を見ながら


ザレ場を一気に下山

三俣蓮華岳
も顔を出した


山荘に12時45分戻り
鷲羽岳
を見ながらランチ


気になっていた
山荘入口でテント泊客の
対応している男の子
コウヤくん

鷲羽岳に登る前から
読んでいた
      タロとジロ

読み続けてて
もう少しで読破しそう


たまに集中し過ぎで
お客さんに
気づかないことも

りょっぴーのおかげで
鷲羽岳制覇できた
ありがとう


さて午後から雨予報
先を急がねばならない

テント場から右折して
上がっていくと
大きな雪渓に出た

再び雨が落ちてきた

ところが登山道が見えず
あせり引き返すか迷った

しかし
りょっぴーがかすかに
痕跡を見つけた

直後
レース中の
ゼッケンつけた男性が来て
あーよかったー

なだらかに上り
左斜めに折れると
なだらかに下る

雨はあがり
突き当たり
左折すると
ゴロゴロ岩の
急な下り坂

すると眼下に
小屋が見え
その向こうにのびる
道が確認された


黒部五郎小舎
には2時半到着


多くの方が
玄関先の腰掛けで
くつろいでいた

予約してあったので
布団二枚で三人で
すんだ



夕食は40人の4交替


ということは
定員80人だから
2倍の混み具合だ

おいしくいただいた


夜になると
再び雨が強くなった

9時消灯だが
イビキのひどい旦那さんで
眠りにくかった

隣のふたりは
どういう関係と思ったら
知り合いの奥さんを
リードするガイドさんだった

         マッキー三世







新穂高温泉から双六小屋へ

テーマ:
8月10日(金)
仕事終了後
すぐ帰宅

しばらく
身体を洗えないので
急いで
シャワーと食事をすませ
リュックを背負い出発

東京、竹橋駅
へ移動

10時半発車

満席の最後席
これはラッキー

お盆の渋滞で
出だしはノロノロ

新穂高温泉バスターミナル
には予定より
1時間遅れの
6時半到着


新穂高ロープウェイ乗場


左手の橋を渡って
1140m
にある
登山口から入る


しばらく舗装道路を
多くの登山客と進み
30分ほどで
急に涼しい風
右に風穴が開いていた

更に30分
左手に
抜戸岳
に上がる
笠新道入口
脇の水場で
喉を潤す

小雨が降ったり止んだりだ

そこから
まもなく
右手に
わさび平小屋
が7時半見えた


冷水で冷えた
果物が目を引く


目の前の小川辺りで
朝食


奥丸山
に向かう右手の橋は
通行止め


小池新道
に入った

徐々に勾配が強くなる


強雨時は渡れない
秩父沢
に9時着くと
多くの人が
ひと休み


イタドリヶ原
で水分補給

カッパ着ると
暑いんだよね


その先の
視界開けそうな
シシウドガ原
は通過した

小さな池が見えて
おっと思ったら
すぐ先に11時半
鏡池
が右手にあり
広いテラス休憩場に
なっている


ガスっており
    晴れてたら向こうに
    槍ヶ岳や穂高連峰が見えるのにー
と次々に聞こえた
鏡平山荘
はそのすぐ
向こうにあった


カレーやラーメンが
売れていた

ひょうたん池
横を通り
小屋を後にする


1時
尾根に上がり
弓折乗越
到着


休憩していると
真っ白い景色が
数分間だけ解放され
眼下に鏡平山荘が見えた


これだけでもラッキーだ

会話したお兄さんに
     山荘が見えてますよお
と教えてあげたら
高級そうな📷でカシャッ

上りきり
雪渓のある平原が
花見平


確かに
小さな花が
あちこち咲いてる


名前を教えてもらっても
帰ると忘れちゃう

20分ほど進み
コブを越えると
天候が一変

急に視界が開け
小さく
双六小屋
の赤い屋根

その背後に
でーんと
鷲羽岳
が控えている


双六池
横を通り
小屋に
2時半到着した


巻幡を
    えっ、どういう字ですかねえ
     あー、つい巻機山のイメージが

            まだ登ったことないんですよぉ

    いい山ですよぉ

            では、わたしもいい人にね

    あははっ

とチェックインした


部屋に案内され

   二段ベッドの上段に
   こみ合いますので
   お二人でお願いします


外に出ると
北アルプス表銀座連山が
頭を雲に隠し気味


5時15分夕食

お腹減っててうまーい


すると同部屋のご夫婦
なんと
広島県坂町の被災者

    娘の家は全壊
    まだましだった
    わたしたちの家で同居なの
     この登山は
    1年前から計画してて
     あきらめようかと
     思ったんだけど
     行ってきたらと
     背中押されて来たの

と話されて
同じ広島県出身で
年上なのに
車で来たのに
びっくり


        ボランティア活動
        していますので
         必要な物あったら
         遠慮なく
         連絡してください

と名刺を渡した
 
日がくれると
ガスってきた


でもベッドは空いたまま

スタッフさんが来て
    空きができましたので
    二段に分かれてお使いください

マッキーすかさず
         わたしたち
         仲がいいので
         そのままでいいのですが

   これは失礼しましたぁ

           マッキー三世