Colors Diary ~Marine Colors~

Colors Diary ~Marine Colors~

東京都国立市にある総合パーソナルカウンセリングルーム『MarineColors』

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

今回いらしてくださったのはとても素敵なご婦人。

御年80歳。背筋のスッと伸びたまさに凛と咲く一輪の花のような方でした。

「私はね、いつも黒ばかりなのよ」とおっしゃるほど黒がお好きでずっとダークなお色味をお召しになっていらっしゃったとのこと。


確かに黒がとてもお似合いになるシックな雰囲気をお持ちでいらっしゃいました。


それが今回、お孫さんのご結婚式でハワイに行かれることになられたそうで・・・。
ハワイ。そう、ハワイです。ハワイと言えばカラフル、と言っても過言ではないあのハワイ!

お祖母様のことが大好きなお孫さんから「折角だから明るくて華やかな服で参列して欲しい」と言われ、どうしようかと迷っていらしたところあるご縁でMarineColorsをご紹介をいただきました。

 「華やかな色なんて似合わないから・・・」

そうおっしゃったその方は・・・もっとも華やかなカテゴリーのお色味がお似合いになる方でした。

診断終了後その色をじっと見ながら、ホッと小さなため息をつかれて、

「私ね、昔、この色が好きだったの。思い出したわ。」

と、昔話をしてくださいました。

戦中・戦後の混乱期のこと、失った家族・友人、ご結婚後は早くに旦那様を亡くされて女手一つで仕事と子育てをしながら無我夢中で生き抜いてこられたこと。

ずっと黒をお召しになってこられたのは、ご自分を律して闘い続けるためでもいらしたのかもしれません。


弱みを見せることなど絶対にできない、そういう思いをお持ちの方が多い世代。



生き延びて申し訳ないと心のどこかで思っている・・・この世代の方はよくおっしゃいます。


でも、だからこそ戦火に散った人たちのためにも死にもの狂いで生き抜いてやる、と思って生きてきた、と。

闘うために必要だった黒。悲しみの色、だったのかもしれません。

けれど、本当はバラの花のような華やかな色もお似合いになる方。

 「こういうお色は、やはり抵抗がおありですか?」

と伺ったところ、ニッコリ微笑まれて

 「そろそろ・・・いいかしらね」と。


深く、重い言葉でした。



最後に「少し肩の荷が下りた気がするわね、ありがとう。」とおっしゃってくださいました。



こちらこそ、本当にありがとうございました。



お見送りした時の後ろ姿はやはりスッと咲く一輪の薔薇のようにとてもお美しくていらっしゃいました。私もあんな女性になりたいと、そう思いました。


ハワイの地で大輪の花を咲かせていただける日を楽しみにしております。










テーマ:

「3カ月で試したネクタイは千本くらにはなります。」



「千本!? 一生でなくて3カ月でですか!?」



今回いらしてくださったお客様から伺ったお話です。



友人を介してのご紹介でお越しくださった男性のお客様なのですが、ご紹介いただくにあたってある程度のバックグラウンドはお伺いしていました。



金融関係の会社で営業のお仕事に就かれていらっしゃいまして、実はその会社のトップセールスマン。転職をされてから10年間ずっとナンバーワンの売り上げを誇っていらっしゃるとのこと。



そして、いらしてくださってからそこにいたるまでの経緯をお話くださいました。



以前は営業とは無縁のお仕事をされていたのですが、ある縁でまったく未知のこの世界へ飛び込まれたそうです。



スーツもほとんど着たことがない、パソコンの知識もほとんどない、ましてや金融の営業の知識はゼロ。



知識も経験もゼロ、まわりと普通に勝負したって勝てっこない、と思われたその方は、「ならば、せめて印象だけでも良くしよう」と思われて、会社帰りに毎日のようにお店に行っては自分にお似合いになるネクタイを試されたそうです。



そして、「これだ!」と思われたネクタイを何本か購入されて今までお持ちだったものは全部捨てられたとのこと。



「1本も買わないのに2時間以上いたりして・・・お店の人には迷惑だったでしょうね~」と笑いながらお話をされていらっしゃいましたが、その探究心には頭が下がります。まさに千本ノックならぬ千本ネクタイ^^



今回お越しくださったのは、共通の友人から私のことをお知りになり、ネクタイだけでなく全体のコーディネートにさらに磨きをかけたいと思われたからだそうです。



診断の結果、さすが、ネクタイはピッタリ合うお色を選んでいらっしゃいました。そこからスーツの形や色味、生地、髪型などトータルコーディネートに活かせるアドバイスをさせていただきました。



「いやぁ、あの時、千本試す前にこれを知っていたらね~」
とおっしゃってくださいましたが、千本試す気概をお持ちだったからこそお仕事での成功があったのだと思います。



MarineColorsは、ビジネスや恋愛に活かしたいという男性のお客様の比率も高いのが特徴なのですが、それにしてもそういった方々のご自分への投資や探究心にはいつも感服させられます。



特に男性の方は理論的に腑に落ちるとそこからの活かし方のパワーに凄いものを感じます。

ビジネスの場では特に相手に与える印象がいかに大事かをよくご存じだからなのかもしれません。



「女子力UP」ならぬ、「男子力UP」そんな言葉が普通になる日が来るかもしれませんね^^

W様、これからもますます男子力をアップしてご活躍ください!


































テーマ:

今回いらしてくださったのは、大きな瞳が印象的なとても素敵な女性のお客様。

「明るい雰囲気が欲しいんです。」

とおっしゃったその方は、とてもおしゃれなモノトーン系のお洋服をお召しでした。

ずっと長い間、モノトーンのお洋服を着続けてこられたとのことなのですが、最近「自分を変えたい」と思い、様々な試みの中の一つとしてパーソナルカラー診断を受けにお越しくださいました。

診断開始直後は何をされているかおわかりにならなかったようなのですが、中盤あたりから感覚が掴めていらっしゃったようで、ご自分の合うカテゴリーの色が来ると・・・

「軽い・・・なんだか呼吸が軽くなる気がします。」

よく知られていることですが、人には五感があります。

視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚ですね。

そして、人によってそれぞれ普段優先して使う感覚があります。

こちらのお客様は触覚が大変お強い方でした。

つまり、身体に感じる波動にもとても敏感でいらっしゃるのです。

たまたまお客様のお似合いになりそうなワンピースが手元にありましたので、試しにそれを着ていただいたところ・・・

「軽い!! 身体が軽いです~」

とおっしゃってその場でピョンピョン跳ねていらっしゃいました^^

まるでシャボンのように♪

そして、話してくださいました。

ご自分がずっとモノトーンを着ていらっしゃった理由。

たくさん、たくさん話してくださいました。


本当はとてもお洋服が好きだったのに、

ある事がきっかけでご自分の意思で服を選ぶことが出来なくなってしまったこと、容姿にも自信がなくなり目立たないようにするためモノトーン系ばかりを着るようになってしまった、と。

そうするうちに「何を食べたいのかもわからない」「その日何をしたいのかもわからない」・・・そんな状況に陥ってしまわれたそうです。

人はいつも何かを選択して生きています。

そしてその選択の何か一つに大きな問題が起きてしまった場合、他のことにも連鎖していくことが多々あります。


それがその人にとって特に重要な事柄だった場合はその影響範囲も広がります。たかが洋服・・・と侮れないこともあるのです。

お客様の場合、かなり明るめのお色がお似合いになる、そして触覚の強い方でしたので、暗い色を多用し過ぎると鎧をまとっているのと同じような体感覚になってしまわれるのかもしれません。

診断結果がご自分ではまったく想像されていなかったカテゴリーであったこともあり、「こんな色が似合うなんて!」ととても楽しそうに、そしてものすごく一生懸命にメモに記録していらっしゃいました^^


そして、お帰りになられたその夜にメールをくださいました。

「さらば闇服!あたらしい私、デビューします!!」

絶賛売り出し中のM様、ありがとうございました!

絶賛応援中です!!


テーマ:

就労移行支援事業所「ティオ」さんで『ドキドキのコミュニケーションが楽になる方法~相手を思い行動する事の尊さ~』と題して、コミュニケーション講義と恋愛ディスカッションを行わせて頂きました。


MarineColorsでは、心理カウンセリング、キャリアカウンセリングも実施していまして、こういった講座もさせていただくことがあります。


今回のコンセプトは「就職活動と恋愛は似ている!?」というユニークなもの。


長年キャリアコンサルタント・カウンセラーとしてお仕事をしてきた中で「就活支援」「転職支援」などにも携わり、その中で特に学生さん達にはわかりやすい例として「面接と恋愛って似てるんですよ」とお話をさせていただいてきた経験を踏まえ、そこにメンタルケアの要素を取り入れながら今回の講義を組み立てました。


前半はコミュニケーション講義、後半は恋愛ディスカッションだったのですが・・・いざ講義が始まってみるとみなさんのあまりに真剣な眼差しに圧倒されるほどでした。講義をするほうも当然熱が入ります。入りすぎて暴走してしまったかも!と思うほどでした。


後半の恋愛ディスカッションでは、とにかく大盛り上がり!
サポートについた私も思わず皆さんと一緒に熱弁をふるってしまいました^^


講義の合間の休憩時間や終了後も熱心に質問をしてこられる方もいらっしゃって、本当に講師冥利につきると実感できた一時でした。


参加者の皆さま、そしてスタッフの皆さまに厚く御礼申し上げます。またお目にかかれる日を楽しみにしております!





▼就労移行支援事務所ティオさん
http://www.tio.tokyo.jp/


テーマ:

今回は挙式を控えたカップルのお客様がお見えになりました。

挙式の準備を進めてはいるものの、ウェディングドレスと2度のお色直しのドレスがなかなか決まらず、その他の準備にも追われお二人ともちょっとお疲れになっていらっしゃる・・・ということで知人からのご紹介でお越しくださいました。



最初は女性の方だけの診断予定だったのですが、お話させていただくうちに男性の方がご自分もお受けになりたいということになり^^
早速お二人で診断開始。

結果、お二人ともご自分が想像していらした色とは違うお色味がお似合いになることがわかり・・・そしてお二人は同じカテゴリーであることが判明しました。

お会いした瞬間から似た雰囲気をお持ちでいらっしゃったのでもしやとは思っていたのですが、まさにピッタリ一緒。

そこからお二人で「そういえば・・・」と思い当たるお話をとても楽しそうにはじめられて・・・。


そして、ここからは話がトントン拍子に進みます。
似合うドレスやタキシードのお色、形、そして式場に飾るお花やインテリアについてお二人の中でイメージがどんどん膨らんでいきます。特にお二人は似たお色や形がお似合いになるので私が驚くほど、すでに猛スピードくらいの勢いです!

女性の方が絵がお得意でいらしたのでお二人で実際に紙にお描きになりながらどんどん話が進んでいきました。出来上がったものを見せていただくとまさにお二人の雰囲気にピッタリ!

今までなかなか話が進まなかったのはゴールとなる最終形のイメージが湧かなかったから。
人から勧められたものはどんなに素晴らしいものでも自分の感性に合わなければしっくりきません。
そしてまた他の物に目移りしてしまいなかなか話が進まない。

点だけで見ると、そこで躓いてしまった時に先に進めなくなります。たとえぼんやりとでも全体像が見えていると点と点を繋げていきやすいものです。そして、そのためにはまず中心となる自分を知ることが大事。



理想のイメージを掴んだ瞬間の人の動きは何度見ても驚かされます。

ドレスが決まらないとおっしゃっていたお二人でしたが、既にその場でご新居のレイアウトにまでお話が進んでいました^^

お幸せそうなお二人を拝見しながら、私もとっても幸せな気持ちに包まれました。
K様
N様、ありがとうございました!
どうぞ末永くお幸せに^^






テーマ:

パーソナルカラー診断を受けると、やはり苦手なカテゴリーの色(その方にとってはあまりお似合いにならない色)が出てきます。そしてその中にご自分の好きな色が入っていたりすることも多々あります。


お客様の中には「こういう色はもう二度と着ない。」とおっしゃる方もいらっしゃいます。以前いらした方の中にも以前に一度診断を受けられて以来、似合う色しか着てはいけないような感覚に陥ってしまい逆に洋服選びが楽しくなくなってしまったという方もいらっしゃいました。


私はこういうお仕事をしていますが、実は苦手色もバンバン着ます^^


「クローゼットの中はとてもカラフルなんでしょうね。」と言われることもあるのですが、私にとっての苦手色の洋服もズラリと並んでいます。


苦手な色の中に好きな色もある、たまには違う雰囲気の自分になりたい時もある、顔色を悪く見せたい時だってある(←こう言うと大抵驚かれますが^^)


その時々の自分の調子や感覚、相手に伝えたい思い、TPOに応じて印象付けたいポイント、などなど様々なシチュエーションに対応するようにしているので固定観念に縛られることはありません。


苦手な色にはそれを着こなすテクニックがあります。パーソナルカラー診断はそれを知る手段でもあるのです。


似合うものを知っているから似合わないものの扱い方がわかる。

色に左右されるのではなく色をコントロールする。

環境に支配されるのではなく環境をコントロールする。


生き方にも通じるものだと思います。


お客様にはこの世に溢れている無数の色を思う存分楽しんでいただきたい、そういう思いでこのお仕事をしています^^











テーマ:

座間市 D&C!座間市役所店にて、座間コンの婚活フォローイベントであるパーソナルカラー講座&占いを楽しむ『女子力UP講座』が開催され、その中でパーソナルカラー講座の講義を担当させていただきました。




「自分が一番魅力的に見える色や形とは?」ということで、実際にデモなどをさせていただきながら進めさせていただいたのですが、皆さまとにかく真剣!


婚活パーティーなどに参加される方が「自分をより魅力的に見せたい」と思うのは当然ですよね^^

デモが終わってから皆さまにも「診断体験」ということで、お1人1色だけ実施させていただいたのですが、そこでもとにかく熱心にご質問をいただきました。

講義が終了してからも入れ替わり立ち替わりアドバイスを聞きにこられて、皆さまとても素敵でした。。


パーソナルカラーを活用するとその方の個性が引き立ちます。
上手に活用して、皆さんが素敵な方にめぐり逢えますように^^


ご参加いただいた皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました!


ZAMAコンとは

ZAMAコン』は座間在住在勤の結婚を希望する男女未婚者に対して、啓蒙活動並びに出会いの場を提供し、少子化対策、非婚率改善の為にボランティア活動を行っている市民団体です。




テーマ:

「もっと早く知っていればよかった。」


パーソナルカラー診断を受けられた方はこうおっしゃる方が多いのですが、人には何事にもタイミングというものがあります。


今回いらしてくださったお客様もそうでした。


お一人で子育てとお仕事を両立して頑張ってこられたとてもパワフルな印象の方。


お子様が成人なさり、お仕事でもご自分で納得のいく結果を出され、そしてふとこれからのことをお考えになった時に第二の人生を新しいパートナーを見つけて一緒に過ごしてゆきたいと思われたそうです。


「ずっと忙しすぎて自分の身の周りのことなんて考える余裕もなかったの。でも、これからは婚活パーティなんかにも出たりしたいからね」と茶目っけたっぷりにおっしゃいました。


実はこちらのお客様、数年前に一度診断を受けられているそうです。何かのイベントで受けられたそうなのですが、その時はそれを活かそうとまでは思われなかったとのこと。


そういうお客様は意外と多いです。中には「そういえばこういうの以前受けたことあります。」とその場で思い出される方もいらっしゃるほどです。


人は心から「こうしたい」「こうなりたい」と思ったときに吸収力がアップします。それは勉強も仕事も人生の何事においても同じです。やらされた感があるとすぐに忘れます。


しばらくそんなお話をさせていただいて、

「もっと早くに知っていたらと思ったけど、以前受けてたんだものね。確かに今のタイミングだから真剣に向き合おうと思えたのかもしれない」とにこやかに微笑まれていました。


とても素敵なI様、これからはご自分の魅力や個性を存分に活かされて、そして素晴らしい第二の人生を歩まれてください^^













テーマ:

「私、私服難民なんです!」


開口一番そうおっしゃたのは、切れ長の瞳とハスキーボイスがとても魅力的な素敵な女性のお客様。


私服難民・・・ランチ難民は良く聞きますが、こうやって使ったりもするのですね^^

昔、「スーツマジック」という言葉が流行りました(?)よね。
スーツを着ている時の男性はとても素敵に見えるけれど、私服で会ったら「え!?」となるアレです^^
制服やスポーツウェアを着ているときと私服のときのギャップが激しいことについては度々話題になります。

比較的、女性から男性への評価に使うことが多いと思うのですが、今回は素敵な女性のお客様からの自己申告。

お仕事でスーツ着用が義務付けられているため、平日はほぼ毎日スーツ。
スーツを着ていらっしゃるときは、慣れているからか違和感もなくむしろ周りの方から「かっこいいね」と褒められることもあり、ご自分でも楽だと感じていらっしゃるとのこと。

それが・・・私服になったとたん何を着ていいのかわからなくなるとおっしゃるのです。

・何を着ても似合わない気がする。
・あちこちで服を買っては結局一度も着ることなくタンスの肥やしがどんどん増えていくばかり。
・そしてさらに何を買えばいいのかもわからなくなってお店を行ったり来たり・・・。

なるほど・・・だから「私服難民」という言葉に繋がるのか、と^^;

どうにかしたいということでお越しになりました。


診断結果は・・・いわゆるスーツ系のスタイルがお似合いになる方。
そしていくつかのカテゴリが重なる少し複雑なタイプの方でした。

「私服が似合わないのではなく、スーツがお似合いになるタイプでいらっしゃるんです。」

「・・・その発想はありませんでした。」

物は言いよう詐欺みたいになっちゃいますね、なんて2人で大笑いしたのですが^^

こちらのお客様の場合、いわゆるビジネススーツに代表されるような色や形が最もお似合いになるタイプ。シックな知的さが際立つクールビューティーという言葉がぴったりの方でした。

女性が好きなフリルやリボンを多用しすぎると少しお似合いの度合いが低くなってしまいます。
でも、やはり女性はそういったかわいらしいものを身につけたくなる時期があります。お客様もまさにそういう時期でいらっしゃいました。

「スーツが似合うからって、私服もスーツっていうのは・・・」

はい、確かにその通りです。
ということで、お客様の個性や魅力を活かしながらも私服で使えるリボンやフリルの活用法をお伝えいたしました。

クールビューティーA様
お話もとても楽しくて何度も大笑いしてしまいました。ありがとうございました。これからは私服選びを思いきり楽しんでくださいね!



テーマ:

今回は「イケてるビジネスマンに見せたい」という男性のお客様がいらしてくださいました^^

とてもさわやかな好青年でいらっしゃったのですが、ご自身ではどうも「イケてない」と感じていらっしゃるご様子。

まずは、その理想とされている「イケてる感じ」からお伺いしてゆきます。

お客様によっては、この部分に通常より多く時間を割くこともあります。心と身体そして外見は全て繋がってくるからです。

ここで今回はその理想が少し曖昧でいらしたことが最初にわかりました。そのために、漠然と「イケてる感じ」という表現になるのかもしれません。

そこから診断開始。

結果、ご自身では想像されたことのないカテゴリの色味がお似合いになる方であることが判明。


しばらくじっとご自分のお顔を見つめられた後、「自分を知るってこういうことなんですね・・・。」

仕事で活かせるイメージチェンジを求めていらしたのですが、作り変える必要などなく、自分を知って似合うものをとりいれるだけで印象はグッと良くなります。

今回は内面的なお話も少し多めにさせていただきましたが、本当に向上心あふれる一生懸命な方でした。理想が高いからこそどこを目指して良いのか迷う時もあります。
懸命にご自分を見つめ直していらっしゃるお姿が大変印象的でした。

O様、
すでに十分イケていらっしゃいますよ^^
これからは持ち味を活かしてご活躍ください!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス