☆大福茶☆ | 小澤真利奈オフィシャルブログ「Manna」Powered by Ameba

小澤真利奈オフィシャルブログ「Manna」Powered by Ameba

小澤真利奈オフィシャルブログ「Manna」Powered by Ameba

昨日は日本煎茶趣味協会、
今年初めてのお稽古でした。

お点前する気満々でしたが、
年のはじめは茶歌舞伎からスタートすることをすっかり忘れていました!!!



今回はいつもと違う簡単な茶香服で
いつもお点前で使っているお煎茶『天下一』
がどれかを当てるというものでした。


これは、簡単!飲み慣れてるからすぐわかる!
とみなさんでお話していたのだけれど…
なんと5人中4人がひっかけ問題にひっかかってしまったのです…

私ももちろんその1人えーん
わぁーーーん、悔しい!!

茶葉は、毎年味が違います。
今年の天下一は、優しい旨味の中に少し苦味があって、インパクトがありました。

花びら餅やお弁当、大福茶をいただきながら、
楽しく今年の活動や目標の会議♡






大福茶は
一年の幸福と健康を願って飲むお茶

お茶の香りと味の中に梅干しの風味と塩味、昆布のうまみもして、ちょっとおめでたい気持ちになるお茶です照れ

結びこんぶ

昆布は鎌倉・室町時代から今日まで
『よろこんぶ』として、縁起物とされています

喜び事の意味があるのですが
その喜び事と結ばれることから「結びこんぶ」

「梅は百花にさきがけて咲く」と言われるように
寒い冬をじっと耐え、春の訪れを知らせてくれることから喜びの象徴とされています

梅は「産め」と掛詞になっていて
生み出すこと
新しいことの始まりを象徴するそうです。

これらを合わせて入れたお茶を飲むことで
新しい年も、喜び事と結ばれ、それが形になりますように…

と願いを込めて、先生が淹れてくださりました。

今年はお披露目もありそうなので、
たくさんの目標が叶っていきますように。

Happy♡


☆Manna☆