Bonjour a tous!

10月に入り、いよいよハロウィンの季節が近づいてまいりましたねウインク

日本でもビッグイベントとして、テレビやSNSでも目立つようになり、なじみ深いイベントですよね。

大学時代にアメリカへ留学した友人の写真をFacebookで見て、すごいなぁ・・・。という印象があったことを思い出しますキラキラ

 

私がフランスにいた時代には、何かをした覚えが全くありませんので、ハロウィンはアメリカのイベントだ!とあまり大々的には盛り上がっていない印象でしたアセアセ

ですが、時が流れSNSがより普及することで、フランスでも若者たちがハロウィンを楽しんでいるのだろうなぁと思っています。

 

Trick or Treat(お菓子をくれないといたずらするぞ!)

は、フランス語では

Des bonbons ou un sort!!

(で ぼんぼん う あん そーR)

(お菓子をくれないと魔法をかけちゃうぞ!)

 

フランスの子供たちは、ハロウィンはゴーストのお祭りという認識ではなく、魔女の祭りと思っているので、このようなセリフになるんでしょうね!!

基本的に、ゴーストを信じていないみたいですが、魔女という存在はとても根強くあり、

代表がジャンヌダルクが魔女だということで、捕まえられて焼き殺されるというお話は皆さまもご存じだと思います。

 

国ごとに歴史、文化が違いますので、一概にハロウィンといっても認識の仕方が違うのが面白いですよね!

 

A bientot!

 


AD