marimo's blog

青年海外協力隊で、作業療法士としてヨルダンに派遣されています!

文化も習慣も全く違うこのイスラム社会で、
山あり谷あり奮闘しながら、2年間の活動を綴ります!


テーマ:
新しい職場の、活動が今日から開始です。
活動先の名称はは、Young Muslim Woman Associationです。知的障がい児中心の学校、知的障がい者への就労支援施設の併設した割と大きな通所施設です。

この施設の通所に必要なことは、「トイレの自立」だそうです。
逆に言うと、トイレが自立できない子供は、この施設には通うことができません。
JICAの専門家からは、入りたいけど入れない人達へのその門戸を開いてもらえると嬉しいと言われました。
まだ初日なので実際の施設がどんな所なのかもまだ全然分かりませんし、
システマチックな部分も関わるだろう事に、いちボランティアができることがどれだけあるのか分かりませんが、

先方の負担のない範囲で(これ重要)、できること見つけていく次第です。


今日は初日という事で、主に学校部門を見学しました。
行くと先生から、ブロックで子供と遊んで、外で一緒に遊んで、と言われました。

ここで気を付けなければならないのは、
私が作業療法士(OT)として忘れてはいけないことは、ただ子供と一緒に遊ぶのではなくて、

遊んでいる中で、子供のできることとできないことの区別や、「どうしてできないのか」「どの工程が弱く、作業を阻害しているのか」といった専門的な視点を持つことです。

これは、OTとして派遣されたからには、絶対にブレないようにしなくてはならないのです。
(私が色々情報交換や、発信をするタイミングというものもあるので、一ヶ月くらいは私の作業療法士としてのカラーを少しずつ出しながら様子を見たいと思っています。
傍から見たら遊んでいるように見えて、しっかり観察・評価できるOTが理想です^^)


ただこのまま先生のお手伝いボランティアと思われれてしまうと、前の活動先でよくあったように私一人残されて同僚がどこかに消えてしばらく帰ってこない不思議現象が起こり兼ねないので、
職業内容についてやんわりと・さらりと説明したところ

ブロックで一緒に遊んでいてと言った先生が、早速ある相談をしてくれました。
先生は、服のボタンはめが出来ないという小学校低学年の女児に、穴がいっぱい開いたボードに糸を通していく練習用具を提供しており、それが「先生の意図するようには」できないといった内容でした。
(先生は、隣の穴に通す「並み縫い」のようなことをさせたがっていましたが、女児は「たてまつり縫い」のようになってしまう)

穴が小さすぎるのか?
大きな板だったら良いのか?


そんなことを相談されました。

実際の動作を見せてもらった所、実際彼女は小さな穴に糸を通す動作においては問題がありませんでした
彼女が躓いているのは、出てきた糸を板の裏から表に遠し、それをまた表から裏へと言った動作に混乱があり、一連の作業がうまくいかないことでした。

私は、女児がその動作ができない理由を説明し、
表と裏で板の色を変えてみては?

とアドバイスを行ったところ、いいアイディアだ!と他の先生にも言いに行ってくれました。
ブロックで遊んでいてと言われただけに、こういう頼られ方やリアクションは素直に嬉しかったです。


こういう些細なところから、先生とコミュニケーションを取れるようになれば良いなと思います。

女児の先生が、実際の生活場面でのデメリットから、恐らくなんとなくその作業を選んできたのだと思います。
でも大事なのは実際のボタンはめ動作等の更衣動作(着替え)の分析です。

その上でその子に合った作業の選択と、その子に合った提供方法や段階付けをすることです。
この部分はOTの専門なので、学校の先生にはそこまで求めませんが、
一年間の中で先生のアイディアが広がってくれれば良いなと思います。

新しい活動先にはOTはいませんが、だからこそOTとしてどう関わってのかが大事かなと。
この一ヶ月くらいで目途が付けられるように模索していく次第であります◎



私生活は、
スポーツや音楽にも色々お誘い頂いて、楽しくやっています。
シリア難民支援にも継続して関われそうで、人から必要とされることが素直に嬉しいです。
私に指導してくれたり、アイディアを出してくれるOTの先輩や先生の存在に大感謝です。

トンネルは長かった~。

そして明後日は私の大好きな陶芸の最終日。窯から焼きあがった作品の引取りだけですが、良くしてもらった人たちにお礼が言いたくて仕方がないのです!
楽しみだなぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。