近親交配の危険性。 | 絵日記ブログ・姫うずらまみれ
2008年04月12日(土) 16時15分33秒

近親交配の危険性。

テーマ:ヒメウズラのブログ
メインサイトの記事ですが、こちらにもUPいたします。

最近、ヒメウズラも市民権を得てきたのか 飼育されている方が増えてきました。しかし…セキセイインコや文鳥、鶏などは ある程度の近親交配でも 大丈夫な為(それでも、問題は起ると思っていますが…)
ヒメウズラも大丈夫。と、安易にペア組したり、分譲したり と言う現象が見られます。

私が飼育する以前から、大手の掲示板等で「うずら類は、近親交配に弱い」と書かれているのに
根拠がないと思われているのか、軽く受け取られがちです。

良く検索してみるとわかります。複数の掲示板で、ダルちゃん(2005~2006年にヒメウズラの色変わり研究などされた方)が危険な事を指摘しています。
ダルちゃん自身が、色変わり研究や遺伝の研究をしている知り合い等から得た情報なのです。でまかせを言っているのではありません。


●近親交配させるとどうなるか
まず孵化率が低くなります。誕生しても、小さく弱い仔が多く、奇形も出やすくなります。もちろん足の立たない仔も多いです。問題なく誕生しても、10日経たないうちに突然死したり
大人になる以前に亡くなる場合が多いようです。
(近親交配でなくとも、温度不足、温度むら、湿度調整不良で 奇形や弱い仔が生まれますが孵化率等で、明らかに違いはあります)


●血縁がかぶって良い限界は
ダルちゃんのお話では、25%と言われています。祖母・祖父×孫…が可能と考えて良いでしょう。
それも他では血縁でない事が必須となります。
その25%も、その先で近親交配させては台無しです。


!同一のブリーダー(または個人)から、分譲を受ける場合 血統管理されているか確認を!

!特にオークションで入手した個体は、出所が同じ可能性があります。
 遠縁なら問題有りませんが、近親にならないよう 注意して下さい。

~最近の様子~
甘えっ仔・スズP ひまわり・2歳
スズP、相変わらず 私にだけ馴れ馴れ。ひまわり、2歳になりました♪

ペアになっちゃった場合は孵化させないでね!(゚∀゚)

みづきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス