徒然まり草〜元タカラジェンヌ日本舞踊家の物語〜

徒然まり草〜元タカラジェンヌ日本舞踊家の物語〜

宝塚歌劇団出身の日本舞踊家、花柳まり草の日記です

心を落ち着けて見渡せば、世界は美しさで満ちています!

毎日をよりハッピーに過ごすために大切にしていることや
日本舞踊教室《若草会》での心温まるエピソードをご紹介

日本舞踊には、人の身体も心も美しくする力があります

大切に受け継がれてきた日本舞踊の世界を皆様に知って頂きたい・・・

そんな思いで踊っております

◆お稽古に関するお問い合わせ、お仕事のご依頼はこちら◆
marikusa.hanayagi@gmail.com

◆花柳まり草HP◆
https://www.marikusahanayagi.com/

◆Instagram◆
https://www.instagram.com/marikusa.hanayagi

◆Twitter◆
https://twitter.com/marikusa369

◆YouTube◆
https://www.youtube.com/c/花柳まり草-令和の白拍子-ちゃんねる

◆舞台◆イベント◆
2016年2月、野村萬斎主演『現代能 安倍晴明』(フェスティバルホール)
2017年6月、市川海老蔵主演『石川五右衛門外伝』(シアターコクーン)
2018年9月、野村萬斎主演『現代能 安倍晴明』再演(新宿文化センター)
2018年10月、大藏基誠演出『THE FACTORY SHIBUYA』(CBGKシブゲキ!!)
2018年12月、奥秀太郎演出『3D能エクストリーム』葵の上役(東京芸術劇場シアターイースト)
2019年1月、野村萬斎主演『現代能 安倍晴明』再演(中野サンプラザホール)
2019年6月、日本舞踊協会主催公演『日本舞踊未来座ー彩』(国立劇場)
2019年8月、中村獅童×初音ミク『南座 超歌舞伎』(京都南座)
2019年9月、藤間勘十郎演出『至高の華』(COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール)
2019年10月、藤間勘十郎演出『源平の雅』(国立文楽劇場)
2019年10月、藤間勘十郎演出『音楽劇ハムレット』振付および出演:狂気役 (天空劇場)
2020年8月、中村獅童×初音ミク『ニコニコネット超会議2020 超歌舞伎』(オンライン配信公演)
2021年9月、中村獅童×初音ミク『九月南座超歌舞伎』(京都南座)
2021年10月、片岡愛之助主演『GOEMON』(大阪松竹座)
2021年11月、花柳まり草×PUNKBANK『死者の書』(√K Contemporary )
2021年12月、長唄『鷺娘』(紅の会にて、国立劇場小劇場)
2022年4月、ラジオ『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』に出演

◆講演、ワークショップ◆
2018年10月、明治大学にて講演(ゲスト:宝塚歌劇団演出家 生田大和)
2018年~2019年、旅行会社クラブツーリズムにて講座を担当
2021年2月、日本舞踊協会オンラインワークショップにて講師を担当
2021年7月、品川翔英中学高等学校にてワークショップ講師を担当
2021年7月、日本舞踊協会主催の小学生向けワークショップにて講師を担当
2021年12月、明治大学国際日本学部の授業にゲスト講師として参加

◆TV◆
2021年1月、『奇跡のピアニスト辻井伸行 鍵盤が奏でるエール~笑顔で会える日のために』インタビュアー(BS朝日放送)
今年も無事にお誕生日を迎えることが出来ました🎂💓
思いもかけず、沢山のお祝いメッセージを賜りました✨

頂戴するメッセージが年毎に多くなっているのを見るにつけ、皆様に支えられ、導かれ、生かされていることをひしひしと感じます。
本当にありがとうございます🙏🌸

年々、ご縁の輪がどんどん広がっていると同時に、深くなっていくことを感じます。

共通のお知り合いも増え「なんと!貴方様と貴方様は繋がっていたのですね!」というような《奇跡》も度々起こるようになりました🐉✨

この文章を書くにあたり、ここ2〜3年の自身のお誕生日投稿を読み直してみました📝

過去の自分との対話はなかなか面白いものがありました。

その中で、自分で自分を褒めてあげたいなぁと思うことがありましたのでご紹介させて下さい☺️🍀

ここ数年で、世の中の状況は全く想定もしていなかった状態となってしまいました。
「先行きの見えない不安」や「恐れ」が蔓延し、常に死の影に付き纏われる様になってしまいました。

ですが当時の自身の紡いだ言葉を見るにつけ、「外的な状況」やそこから発生する不安や恐れや焦りには、あまり振り回されていない印象を受けました。

どんな状況下であれ「先行きの見えない《未来》」や「今となって思えば過ごしやすかった《過去》」に目を向けるのではなく、とにかく《今》にフォーカスしようとしている様に感じました。

どうやら私は「外的な状況」に対しては客観的な判断ができる様ですし、対処の仕方はそこまで的外れではない様なのです。

ですが同時に、弱点も見つけました。

それは自分自身に対する「怒り」や「不安」や「不信感」に、囚われている状態でいることが多かったのです。
自分の内側…つまり「内的な状態」はとても不安定だったのです。

常に「渇望」しており、「執着」が激しく、「達成」することのみを人生の目標としていました。

そんな自分に気がつくことが出来たのも、歳を重ね、出逢いを重ね、経験を重ねたからかも知れません😌💓

特に、最近《流れ》という現象に対して深く向き合う機会がありました🐉✨

森羅万象、宇宙に存在する全てのものは移ろいゆく性質を持っています。
生命あるものは一瞬として同じ状態であることはなく、その状態は刻々と変化していきます。

その流れに抵抗しているのが、唯一《人間のマインド(思考状態)》なのだそうです。

人生という大きな川の流れの中に自身があるとすれば、私は自分で目的地を設定し「泳ぎ切ろう」「渡きろう」と常にもがいていました。

「これを達成しよう」
「こういう自分であろう」
「目指す自分でなければ、無価値だ」
「こんなはずじゃなかった」
「もっと頑張れるはずだ」

と。

その状態は、「ただ在る」ことを自身に許さず、常に何か別モノになろうとしている状態です。
足掻けば足掻くほど流れの中に溺れていくような、苦しい状態です。

10年前を振り返ると、まさか自分がまたこうして商業の舞台に立っていたり(しかも歌舞伎の笑)、人様を教える立場にいるということは全く想像もしていませんでした。

大切な皆様との想定外で素晴らしい《出逢い》の中で導かれ、お仕事を頂戴したり色々な機会を頂戴して、気がついたら「今ここに在る」だけだったのです🙏✨

自分で目的地を設定し、努力し、自身の足で歩いていたつもりでしたが、それは間違った思い込みでした。

生命と時間という川の流れの中で、大きな存在に導かれ、気がついたらとある地点に流れ着いていた…ただそれだけの事だったのです。



その事実に気がついた時、力が抜け、とても楽な気持ちになりました😌

自らが足掻くことをやめれば、川の底に足も着くし、流れに乗ることが出来ます。
自然と、ベストな地点へと運ばれていくのです🐉✨

結局は、自分自身に対する間違った思い込みを「手放せるか」「手放せないか」だけなのです。

ただ、流れに身を任せたからと言って人生から試練が消える訳ではありません。

川の流れに身を任せていたら、その先には滝が待っていることもあるだろうし、大きな岩にぶつかることもあるでしょう。

でも、その時はその時。
ただ「対処」をすれば良いだけなのです。

必要以上に恐れる必要もないですし、試練が来るのは自分がダメな人間だからではないのです。

そして必ず、その試練の時が過ぎれば、美しい場所に流れ着くことは確かなのです。

とにかく何をお伝えしたいかと申しますと、皆様と共にこの美しい人生の流れを生きられることを、私は心から感謝しているということなのです😌💓

皆様が常に、美しい人生の流れの中にありますよう、心より祈念していおります🙏🐉✨

一年後はどんな景色か見えているのか…🌈
どんな場所に流れ着いているのか…🌟

そんなことを楽しみに、黄金の河に身を任せ、自分を愛し、皆様を愛し、世界を愛していきたいと思います!

どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

乱文乱筆、長文失礼致しました🍀



まり草