皆さまごきげんよう

事務局のAkikoです

事務局通信、ちょっとご無沙汰しておりましたねウインク

最近時間が経つのが早くて
元々スローペースな私は世の中の時間の流れについていけてないかもですてへぺろ

まあ、そんな言い訳はさておき

皆様!真理子先生の新刊は手にされましたか?


今日は出版したてホヤホヤの
真理子先生の新刊「武士の娘の思考法」の中から

気になった言葉をピックアップさせていただきます





題名にもありますがこちらです!



『高望みしていい』



んー。なんかいい響きですねアップ



高望みって聞くと皆さんはどんなことを思い浮かべますか?


私は意地汚いので(笑)
高級なディナーを食べに行くとか
豪華客船で世界一周するとか
値札を見ないで気に入った服を買うとか

物質的な欲望が満載です爆笑


おそらく真理子先生の書かれた高望みには
そんなことだけではなくて

もっと高尚な、例えば、、、

って言いながらあまり思い浮かばないけどあせる



精神的に満たされているとか
自然豊かな環境でゆったり過ごすとか


内面を満たすことも含まれていると思います


でも、今まで私なんかは
分不相応という言葉がありますが

勝手に自分には無理だとか
自分にはそんな事をする価値がないだとか
私は〇〇だからそんなことやってはいけないだとか

自分で枠を作っていたなと感じます


なんていうんでしょうか
世間一般ではこうだよね。という枠ですね。


それを、

真理子先生はそれも自分で決めているのだから
自分が外してあげればいいんですよと
教えてくださっているのだと思います


「普通」という言葉がありますが
普通って一体なんなんでしょうね?


私にとっての普通とあなたにとっての普通とは違うものなのに

同じ「普通」という言葉を使うだけで

お互いに自分の言っている普通と相手の言っている普通は

同じだと勝手に思い込んでますよね

あれ?言ってる意味伝わりますか?!汗

この普通の呪縛みたいなのってありませんか?

当たり障りなく、普通でいたいという想い

みたいなものです




先日の受講生の皆さんと行ったフィールドワークでの講話の時に

真理子先生は10代の頃から普通じゃなかったとおっしゃってました


10代から自覚されてたというのが

大人だなぁと私は思ってしまいます



普通じゃないと集団の中では

一人ぼっちになることもありますよね


真理子先生はそれも良しとされていたということなんですね

でもこれって10代の女子には結構怖いことですよ!!


その辺から普通とは縁遠い生活を送られていたなんて

さすが真理子先生。年季が違いますねウインク




それから、

この普通でありたいと密かに願ってしまうことと関係しているかなと思うのが



褒められると反射的に言ってしまう

「そんなことないです!」という返事ですあせる


自分を低めに設定しているというか

自己肯定感が低いというのか、、、

条件反射かな?と思うくらいすぐに言っちゃいます




誰かから褒めていただいた時はたとえ照れ臭くても

「私そうなんです!」って認めてあげるニコニコ


そうすることが、結果高望みしていいにもつながっていきそうな気がしています



私も最近ではなるべく意識して

褒められたら認めるようにしていて

今日もたまたまチラッと通った着物のお店で
今年の新作の浴衣の生地を惚れ惚れと見ていたら

「きっと似合うと思いますよ」と言われ

完全に営業トークだと分かっていたのですが
「そうなんです。私似合うんです」と
ドヤ顔で言ってみました(笑)



高望みから少しずれたかもしれませんが

理想と現実は違うんだと諦めずに
なりたい自分になっていく!

夢と現実はかけ離れているから良いんだと思わずに
描いた夢に近づいていく自分を信じる!と


真理子先生の書かれた


「高望みしていい」


という言葉を拝読して



自分の中にしっかりインプットしたいと思った次第ですウインク




真理子先生の新刊「武士の娘の思考法」はこちらからどうぞ





今日の事務局通信は以上ですラブラブ



取り留めのないお話になりましたが

最後までお読みくださりありがとうございました音譜音譜


ちなみに、写真は

MOA美術館の中に展示されていた

秀吉が造らせたと言われている

黄金の茶室のレプリカです