Immigration Lawyer の仕事~命の次に大切なもの~

Immigration Lawyer の仕事~命の次に大切なもの~

外国人にとって大切な在留資格(visa)の申請手続きをフルサポートします。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
{EB6E72BC-BDAC-4695-B326-BAEEB008E894:01}

留学生のみなさま、卒業おめでとうございます!(あ、もう留学生ではないですね(^^;;)

就職が決まり、在留資格も留学から就労資格に変更を済ませた方々は、
これからは会社員として頑張ってくださいね!
日本の会社で、最低限、守らなければならないことは、
① 会社を休まない
② 時間を守る
③ 長期休暇以外は、帰国しない
④ 日本能力のアップ

さて、就職がまだ決まっていない皆さまは、引き続き就職活動ですね!
留学の在留期限が、4月、5月、6月の人が多いと思いますが、就職活動を継続する場合は、「留学」から「就職活動のための特定活動」に、在留資格の変更申請をしてください。

その際、通っていた大学や専門学校から、推薦状をもらってください。
入国管理局へ申請するときに、推薦状を提出しなければなりません。
学校に相談すれば、出してくれるはずです。
ただ、成績優秀者にしか、推薦状を出さないという学校もありますので、学校の窓口に問い合わせてくださいね。

「就職活動のための特定活動」を取得すると、6ヶ月間の在留が認められます。
この間は、とにかく就職活動を頑張って、沢山の会社の面接を受けてください。
また、会社説明会や面接に行ったことを証明できるものは、必ず持っていてください。
例えば、説明会の資料、会社からの通知書、メールのやり取りの記録など。

もし、6ヶ月以内に就職が決まらない場合は、一度だけ特定活動の更新ができ、プラス6ヶ月の在留が可能です。
ただし、最初の6ヶ月で就職活動をした記録や、証明できるものがなければ、
更新は難しいでしょう。

まだ就職が決まらない皆さまは、在留資格を「就職活動のための特定活動」に変更し、できるだけ沢山の面接を受けてください!

まだまだ、あきらめないで、頑張って!!





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス