令和2年1月15日、老健入所3階の料理レクリエーションでケーキ寿司とけんちん汁を作りました。

 

 

まずは野菜などを切る作業です。その野菜を何に使うかに合わせて、ちょうど良い大きさに切ってもらいます。写真の他にも、お豆腐を切ってもらったり、ハサミを使ってネギを小口切りにしてもらうなど、利用者様それぞれに合った作業をしていただきました。

 

 

料理レクリエーションでは、日常生活動作が困難な利用者様が、スタッフの予想を超えた能力を発揮されることが度々あります。今回も、スタッフが、

「○○さんが生卵って分かったから、割ってみてもらったら、最初は片手で割ろうとしたけど最後には両手でちゃんと割ることができたんよ~!」

と感動していました。

 

 

酢飯が出来たら、ケーキの型に詰めていきます。ギュッと力を入れて端までしっかり押すのがポイントです。

 

型を外すと・・・

とても綺麗な押し寿司になっていました。

 

上に卵、絹さや、でんぶを飾っていきます。輪を描くようにのせたり、満遍なく散らしたり・・・、飾り方は自由です。

3つ目になると、酢飯を押すのも飾るのもコツを掴んで手早く出来ました。

 

「こんな事、したことないねぇ」

「こんなに可愛いのができるたぁ思わんかった」

「こんなになるとは思わんかった」

と、驚いていらっしゃいました。

 

切り分けてお皿に盛り付けました。

 

けんちん汁は具だくさん。均等にお椀につぐのも大変です。

仕上げに入れたごま油の良い香りがしていました。