6月8日土曜日、フラダンス慰問がありました。
 
フラダンスの先生は、
「なるべく分かり易い日本語の曲で皆さんがよくご存知なものを選んできました」
と言われていました。「涙そうそう」など、耳にした事のある音楽が爽やかに流れ、利用者様の中には歌を口ずさみながら鑑賞される方もいらっしゃいました。
 
フラダンスは10曲を超え、そのたびに衣装が変わって、その鮮やかさに目を奪われます。この日のために新調した衣装もあるそうです。
 
人数が多くても、動きがぴったりと揃っていて、素敵でした。
 
 
 
ダンスだけでなく、踊られる方の笑顔でも癒されました。
 
先生と生徒さんが、
「施設の利用者さまは真剣に見入ってくださるので、踊るほうも嬉しいしありがたいです」
と言われていたのにも心をうたれました。