ふわふわの可愛い紫陽花が出来ました。

ショートタイムデイケアの利用者様の作品です。

 

紫陽花は不織布と麺棒で出来ています。不織布は何かのラッピングに使われていたものだそうです。紫陽花にぴったりの色です。

カタツムリはトイレットペーパーの芯を使っています。

 

出来上がった紫陽花は、大事そうに手のひらに載せて帰られました。

スタッフによると、これからしばらくは、この紫陽花を量産する計画だそうです。

 
現在、ショートタイムデイケアには、手作業が好きな方が多く、スタッフも日々いろんなアイデアを考えています。作品がブログや広報誌に載るのを楽しみにしてくださっていますので、作品紹介をすることが多くなっていますが、手作業以外にも、脳トレやパズルをしたり、おしゃべりを楽しまれる方もいらっしゃいます。
 
もちろん、ショートタイムデイケアは運動メインのサービスなので、それぞれの目標に向かって、運動もしっかり取り組まれています。