3階の通所デイケアの利用者様の折り紙作品です。
手作業で作られた鶴たちが煌びやかだったので、スタッフのアイディアで「令和」の元号を添えてみました。新しい元号を迎えるのにふさわしい華やかな飾りつけになっていました。
 
 
ショートタイムデイケアの利用者様は、平成への感謝の気持ちを絵手紙に描いて見せてくださいました。
 
 
さて、利用者さまの中には、大正、昭和、平成、令和と4つ目の元号を過ごされることになる方もいらっしゃいます。
 
デイケアの利用者様にお話を聞いてみると・・・
 
 「自分でもびっくりです」
「昭和を迎えたときは女学生だったわねぇ」
と思い思いの感想を聞かせていただきました。
 
中には、令和になることについて、
「そうなの?」
と泰然自若たる反応もありました。
 
万葉集に詠まれた「梅花の歌」の序文から出典された新元号「令和」。

美しい時代になりますように。