インターバル音を重ねて作るジャズ不思議な響きを作る方法 ジャズピアノ♪ワンポイントレッスン5 | ピアニスト・マリコエバ♪魅惑のジャズピアノライブセッション&レッスン

ピアニスト・マリコエバ♪魅惑のジャズピアノライブセッション&レッスン

ジャズピアノライブ&ジャムセッション&アレンジレッスン
一緒に音楽しましょう!歌や楽器でアドリブするのがジャズ!

ピアノ・ヴィブラフォン・ピアニカ・鍵盤楽器を楽しもう! 
ジャズピアノスクール・ミュージックマルシェ講師マリエバ

こんにちは

スタイリッシュなジャズをプロデユースするピアニストのエバ櫛田真理子です

ピアニストとして演奏、ピアノ講師、鍵盤ハーモニカ講師、作曲・編曲など

ジャズ、ラテン、ポピュラーミュージック全般に関わる仕事に携わっております。

 

ジャズピアノ♪ワンポイントレッスン5

インターバル(音と音の距離)が色々重なってジャズのコードができています。

前回、左手で弾くコード(和音)をどう選ぶかがジャズの命、みたいに書きましたが、

 

同じ音から始まるコードでも、音と音の距離が違うことで、コードの特徴(コードネーム)があるわけで、

例えば、Cから始まり、ルート(根音)、長3度、完全5度、短7度、で「C、E、G、B♭7。

 

その音と音の感覚(インターバル)が狭い(短3度)と暗い(マイナーな)感じ、

広い(長3度)と明るく(メジャーに)なり、混ざっていると不思議(セブンス)な感じになります。

 

  

 

これは基本のコード音ですので、知っている方も多いと思います。

 

ここにさらに、テンションを加えると嫌でもジャズのサウンドになります。

嫌かどうか、自分には向いてるかどうか、関係ありません。

 

という感じで、ジャズは仕組み(理論)がわからなければ、とうてできず、

理論がわかれば、なんともシンプルで(考え方のパターンは)いとも簡単となります。

 

数学の因数分解なんかより、ずっと簡単な四則計算っていう感じです。

 

その秘密は、また次回以降に。。

 

音を重ねることでより深みを増す音楽の世界。たまりません!

 

ぜひ、「ジャズピアノ左手の法則」 

を習得して、サクサク、楽々、自然にできちゃった!?というジャズを堪能して下さいね!

 

 

わかる!弾ける!楽しい!ジャズピアノレッスンVol.1をご覧下さいね。

下記のリンクからどうぞ!(Amazonの他、ヤフオク、メルカリでも販売しています)

 

ジャズピアノを楽しむ方が増えますように(^o^)丿

 

過去のワンポイントレッスン

 

ジャズピアノ・ワンポイントレッスン「1」・・・練習パターンを増やして楽しく!

ジャズピアノ・ワンポイントレッスン「2」・・・弾く時の姿勢と脱力

ジャズピアノ・ワンポイントレッスン「3」・・・テンションコード=左手で背景を作る

ジャズピアノ・ワンポイントレッスン「4」・・・並べ替えコードと和音は同じ音

 

 

ぜひジャズピアノにチャレンジしてみて下さいね!

 

最後まで読んでくださりありがとう!

 

ブログランキング!ぜひ1クリックをお願いします!

 

 ジャズランキング

 

ミュージックマルシェ ジャズピアノ講師エバ

ピアノを習うなら、ミュージックマルシェへ!

 

ジャムセッション・バンド演奏 一緒に楽しみましょう!

 

Amazonにて好評発売中!

EVAの活動とレッスンに関する記事は、FBでも更新中!

EVAの部屋&ミュージックマルシェでお待ちしています!