gacco

テーマ:
昨日の記事で、「夜は、息子が2回ほどしか起きないので 結構ラク」 みたいなことを書いたのですが、書いたそばから 昨夜は4回も起き、朝からフラフラでした~
 
 
毎日、家にいるので その日にやることをリスト化して 午前中にやること、娘が帰って来るまでにやること、夜 子ども達が寝てからやること・・・などをTo Do リストにしているのですが、昨日はちょっと疲れていたので、こんな日は予定を立てず のんびりしよう!と思い、ソファで本を読んでいました。
 
 
 
 
{FB64166D-AE64-4E55-B782-E38162BABC71}
 
 

「自分を成長させる最強の学び方」 という本。

 

帯にある、「働きながらでも、子育てをしながらでも、リタイアしてからでも、できる!」 ということば通り、インターネットの環境を使って 生涯学習としての「学び」の仕組みを創った会社(株式会社ドコモgacco)の代表の方が書かれた本です。

 

AI(人工知能)ということばを聞くようになって久しいですが、Google創始者のラリー・ペイジ氏もフィナンシャル4・タイムズ紙が2014年に行ったインタビューの中で、人工知能の急激な発達により、現在 日常で行われている仕事のほとんどをロボットが行うこととなり、近い将来、10人中9人は今と違う仕事をしているだろうと述べています。

 

つまり、今ある職業が消滅するかもしれない、ということ。

AI(人工知能)は高度な処理能力を備えているため、今ある職業のほとんどをAIが変わりにやってくれる未来もそう遠くないとか。

となると、私たち人間にとっては AIと「共存」しながら、臨機応変に対応することが求められるタスクが必要になるということです。

 

この本、女性が書かれているからか とっても柔らかい文章ですごく読みやすい!

しかも、難しいことを分かりやすく、そして今の私に必要な知識を しっかりと伝えてくれる本でした。

 

 

今の時代は、知識や技術の変化のスピードが速いからこそ、学びをアップデートしなければならない時代。

そうした事態に対応するために、ずっと学び続ける人を応援するような風潮がインターネットで広がりをみせてきているそうです。

MOOC(ムーク)・・・Massive Open Online Course はインターネット上で誰もが無料で受講できるオンライン講座で、2012年、アメリカのスタンフォード大学、プリンストン大学などによって開設されたCoursera(コーセラ)やハーバード大学とMITが中心となってスタートさせたedX(エデックス)などがあります。

 

日本初のMOOCプラットフォーム、「gacco」が海外のMOOCと大きく違うのが、サービス開始当初からインターネットを介したオンラインでの講義を受講した後、オフライン、つまり実際に担当講師や受講生同士と対面で交流を図ることで、楽しみながら学びをさらに深め、継続しやすくすることのできる機会をつくっていることです。

 

 

本を読みながら、興味が沸いてきたので 私も、会員登録(無料)してみました。

 

実際に、受講してみたい講座を選んで さっそくサイトを開いてみます。

 

 

{B506FFD3-0885-4639-B6A4-908D57BBEBAD}

 

 

{8024E5A4-9238-4FBC-BE9B-7806D5BF308E}

 

 

 

 

 

「統計学」 や 「プログラミング入門」 などの実学系講座や、私が上記で学び始めたような教養系講座など幅広い講座が展開されており、あれもこれもと色々学びたくなってしまいます。

 

動画講義は1本10分程度と、隙間時間を使いやすく、通勤時間を利用してスマホやタブレットで学習できたりと、働きながらでも続けやすい仕組みになっています。

 

オンライン講義だけでなく、ディスカッションボード(掲示板)で講師や受講生と意見を交わせたり、有料の「対面授業」があったり・・・と、その仕組みは、知れば知るほど なるほど~!と思わせるものがありました。

 

大人になっても、いや 大人になってからこそ、楽しく生涯学び続けられる環境がある今の時代は素晴らしいなと思います。

これからも、自分の興味・感心のあることを 定期的に学んでいきたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドコモgacco 様に商品をいただき、モニターに参加しています

 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

 

ランキングに参加しています。

最後にこちらをポチッと押していただけると嬉しいです。

よろしくお願いします^^