watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 一昨日の金曜日、久しぶりのブラッシュレッスンに行ってきました。昨年末はイベントなどの行事と重なってしまい受講できず、本当に久しぶり、、、。

 鈴木泰子先生は、いつもキリリとかっこよく、書かれる文字も迷いが無く、凛とした印象。でも、私たち生徒一人一人を、優しく丁寧に見守りながら指導してくださいます。いつも、先生からは、教わることがいっぱいです。



 今回の課題、、、まず、画仙紙に墨を使って、いろんな模様を表現します。

 一枚目は、一定方向の線だけ、、、でも、線といっても、本当にバリエーションが沢山あって、いろいろ筆の動きを変えながら、いろんな模様が作れます。

 二枚目は、丸。その次は、四角。その次は、端から端までの一筆書きを3本、そして、次は自由に、、、と、短時間であまり考えすぎず、どんどん手を動かすのですが、この作業に右脳は喜びまくりです。




 こうしてできた模様カードを画面構成に利用して、文字と合わせてゆきます。各テーブルで、皆さん真剣に考えています。




 私は、四角模様を使って、安定感のある横長の作品にしよう、、、と、レイアウト考え中。




 他の皆さんの作品も、同じ課題なのに、それぞれ個性的で、、、




 制作の合間に、見学させて頂くのも、、、




 すごーく刺激になって楽しいのです。 この作品も、かっこいい~。



 、、、と、鈴木泰子先生のブラッシュライティングのレッスンは、毎回こんな風に進みます。集中していたら、1時間半のレッスンは、いつもあっという間に終わります。でも、終わった後はとっても気持ちいいのです。


 鈴木泰子先生の作品は、こちらのHPでご覧ください。→ 『アルファベットに魅せられて』



 関西でのブラッシュライティングレッスンを受講してから、もうかれこれ10年以上が経過しています。、、、が、私自身の文字のレベルは、、、というと、練習不足も甚だしく、未だにひどいものです(-_-;) まだまだ先生のレッスンを受け続けていたい、、、と願っていたのですが、実は今年で、鈴木先生の関西レッスンが終わってしまうこととなりました。そのことが、もう残念で残念でなりません。


 でも、今まで教えて頂いたことを、そろそろ作品にも活かしていけるよう、これからは真面目に自主練習をしなければいけませんね。 結局、自分がいかにコツコツ書けるか、、、どれだけ日々、ペンや筆が持てるか、、、その積み重ねしかないのですから。(、、、と、分かっているのになかなか出来ない。あぁ、私はあかんたれデス汗


 そんなわけで、残り少ない先生のレッスンを、あと数回、大切に集中して受講したいと思います。




 さてさて、明日から、また一週間が始まりますね。

 まだもうしばらく寒そうですが、今週も頑張りましょう!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)