パリのアート巡り vol.3 | watercolour space PAPIER

watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 いよいよ毎日蒸し暑くなって参りましたが、皆さん、いかがお過ごしですか?

 

 私は、アトリエでのレッスンが昨日終わり、これで前半の講座はすべて終了しました。毎回、レッスンや講座をする前は、結構時間をかけて準備をするので、今は心地よい達成感を感じつつも少しホッとしています。 次回のレッスンは9月から、、、それまでは、自分の作品展のための制作活動に勤しみます。とにかく、水彩で沢山の絵を描きたいです。

 

 ではでは、ブログの方は、パリモードに戻していきますね。今日はパリで偶然入ったカフェの、ちょっぴりアートなお話です。

 

 

 エッフェル塔のあるジャン・ド・マルス公園にほど近いところに、とてもカジュアルな雰囲気のお野菜カフェがあります。お店の内装は学食っぽい感じですが、スタッフさんが笑顔で接客してくれて、居心地がとにかく良いです。(パリ滞在中、数回通ってしまいました。)

 

 

 さらに、お店の壁面には、とっても大きな塗り絵シートが貼ってあって、、、

 

 

 こんな風に、お客さんたちが色を塗って、少しずつ仕上がっていくようです。こちらのお二人、アーチストじゃないのに、なんとなくアーチストっぽく見えますね。とても楽しそうで、こんな塗り絵シートがあちこちにあったら良いなぁと思いました(^^)

 

 

 お食事は取り放題のビュッフェスタイル。パリでは珍しい? 色とりどりのお惣菜が、とにかく旅人には嬉しいかぎりラブラブ

 

 

 そしてついつい、お皿にたっぷり。(もちろんおかわりも♪)

 

 

 エルダーフラワーのソーダも美味しかったです。 そして、このラベルの色合いが気に入って、このままお持ち帰りラブラブ (今も時々、一輪挿しとして使用中。)

 

 

 

 “La Verriére”は、7区のÉcole Militaire駅のすぐ近くにあります。もし、パリに行かれることがあって、お野菜いっぱい食べたい気分になったら、是非是非どうぞ。 オススメです(^^)

 

 

 

 さて、夕食の後は、カフェのテラス席でまったりしながら、散策ルートをいろいろ考えるのもまた楽し。 パリの友人が貸してくれたパリ案内の本を参考にして、まだまだ散策は続きます。 どうかもうしばらくお付き合いくださいね。

 

 今年は、パリをテーマに水彩イラストや時短スケッチ、水彩画を描いていきたいなぁと考えています。そんなわけで、自分自身の気持ちを盛り上げるべく、パリで過ごしたあれこれを思い出したり、撮った写真を眺めたり、、、しばらくはイメージをためてためて、少しずつ手を動かしていく予定です。しっかり楽しみながら、絵を描きたいと思いま~す(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あべまりえさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります