4月のカレンダーイラスト vol.1 | watercolour space PAPIER

watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 しばらく、ブログの更新が滞ってしまって、ごめんなさい!

 今日から、またぼちぼち更新していきますので、どうかどうかお付き合いくださいね。

 

 それでは、今月もカレンダーイラスト制作過程から始めたいと思います♪

 

 昨年、スケッチツアーで滞在したイタリア、プーリア州のホテル敷地内に、素敵なお花畑がありました。今月の水彩画は、そのお花畑を描いたものです。

 

 

 まず、色の準備をしっかりと。私はいつも、パレットの他にこのようなホーローのキッチンバットを使って、そこに色を溶いてからスタートします。

 

 

 下書きが終わった水彩紙。小さなお花部分には、マスキングをいれます。

 

 

 そして、一気に赤い花とグリーンをのせていきます。

 

 赤と緑は補色なので、色が隣り合うとお互いの発色を良くする効果が得られます。でも、混ざるとグレーになる組み合わせなので、画面上では慎重に扱わねばなりません。ここでは、色と色がつながって混ざらないよう、かなり気を遣って筆を動かしています。

 

 そんなわけで、気合いをいれてスタートし、その後ずっと集中していたため、途中過程を撮影するのをすっかり忘れてしましました。いきなり工程が進んでしまったこと、ごめんなさい(^_^.)

 

 

 で、、、慎重に慎重に色を置いた後は、しっかり乾燥させます。ここまでくると、少しホッとします。

 

 

 

 後は、少しずつ、建物に色を入れたり、、、

 

 

 木々(オリーブの木)を仕上げたり、、、です。

 

 さて、続きはまた次回お届けしますね。 次はマスキングをとって完成するまでの工程です。なるべく早く更新しますので、どうかどうかお楽しみに!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 と、ここでちょこっとお知らせです。今年は小さなグループ展に参加したり、友人とのコラボ展や個展も少々、開催する予定です。

 

 そんなわけで、それらのテーマを『Paris(パリ)』に絞って、いろいろ水彩画や水彩イラスト、時短スケッチを描いていきたいなぁと思い、一週間前にパリに飛び、昨日帰ってまいりました。滞在中はあちこち散策しながら、いろんなものを見たり食べたり(笑)。パリ在住の友人に教えてもらった素敵な場所やお店なども、またぼちぼち、ブログでお話させていただきますね。もちろん、展示会のお知らせなども、ぼちぼちとラブラブ

 

 さて、帰宅と同時に、再び自宅スペースのリノベーションも始まりました。今日は早速、いつもお世話になっている木工屋さんと一緒に、私もDIY参加。久しぶりに漆喰塗りもしました。楽しかったけど、明日は筋肉痛になる予感がします~(笑)

 

 ではでは皆さん、今日も一日お疲れさまでした。 今夜はゆっくり休んで、また明日もがんばりましょうねクローバー

あべまりえさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります