フルーツケーキを描く♪ | watercolour space PAPIER

watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 なんだかここ数日で、急に春めいてきましたね花 寒さで縮こまっていた身体も少し緩んで動きやすくなってきました。ポカポカした気候まであと少しです音譜

 

 さて、先日はパンケーキの描き方をご紹介しましたが、今日はフルーツケーキを描き方もサクッとお話したいと思います。

 

 描く順番は、先ず生地から。こんな風に筆のタッチでスポンジ感を出します。

 

 

 お次は、生クリームの影です。クリームの影は、なるべく絵具を薄くして使います。

 

 

 それからフルーツとかミントの葉とか、ケーキを彩るパーツを描きましょう。

 

 

 こんな感じでフルーツケーキの完成ですラブラブ

 

 ケーキは種類が豊富で、色も形もいろいろあって、バリエーションが楽しめるモチーフです。並べて描いても可愛いし、飲み物と合わせたイラストにしても素敵なので、また違うバージョンもいつかご紹介しますね。

 

 

 

 さて、いよいよ2月も終わり、、、今月は、生徒さんのMさんが焼いてくださったガトーショコラが、水彩教室のおやつでした。これ、ほんとに美味しくて、毎回大好評。Mさん、本当にありがとうございました。

 

 

 アトリエのサンルームでのほっこりしたひととき、、、この時間がとても好きでしたラブラブ

 

 ただ、実はこの4月から、いままでのレッスンが一旦終了することになります。良かったら、少しだけお話聞いてくださいね。

 

 パピエ水彩教室は、長年少人数でのレッスンを継続し、皆さんと一緒に和気あいあいと過ごすアットホームな教室でした。私にとっても本当に楽しい時間で、そんなひとときをずっと大切にしてきました。

 ただ、参加者さまの数が増え、私一人で対応することが難しくなり、1冊目の本の出版と同時に、募集をストップ。代わりに、文化教室などの依頼を受け、少しでも沢山の方に水彩を楽しんでいただけるよう努めてきたのですが、年々、ご希望くださる方の数は増える一方でした。

 

 そこで、なんとか出来ないものかと、ここ数年は試行錯誤の日々。

 

 そんなわけで、4月から、ガラッとレッスン形態が変わることになりました。実はそちらのレッスンも既に満席なのですが、短期レッスンなので、これから毎年募集ができるようになります。お教室スペースも拡張し、募集人数も増えます。今までのようなおやつタイムは取れませんが、変わりにキッチンを開放し、そこに簡易なお菓子と飲み物のご準備して、皆さんの休息の場にしていただければと思っています。

 

 昨年、新しいレッスン形態に変更する決心をし、その後、パピエ水彩教室に長く通ってくださった皆さん一人一人に、現状を説明してご理解を頂ききました。皆さん、とても残念がっておられましたが、最終的には温かく受け入れてくださったこと、心から感謝しています。もちろん、ずっと待っていてくださった皆さんにも感謝しかありません。、、、本当に、なんとありがたいことか。水彩を通して出会えた方々は、何というか、穏やかで優しい方が多いように感じます。(しかも個性的で面白い方も多い。笑)

 そんな皆さんに囲まれて、私は本当に幸せですクローバークローバークローバー

 

 今はリニューアル準備でいろいろ大忙しですが、それらが落ち着いてきたら、レッスン以外のいろんな企画も少しずつ発信していきますね。皆さんに楽しんでいただけるようなパピエを目指して、まだまだ頑張りますね(^^)

 

 今日はこんなお話を聞いていただき、ありがとうございました。ではでは、今週もがんばりましょう~ラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

あべまりえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります