12月カレンダーイラスト Vol.2 | watercolour space PAPIER

watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

  ではでは、早速、12月カレンダーの制作過程、、、続きをお楽しみください♪

 

 前回より、さらに奥の影を描き込んでいます。アジサイの形の奥、さらにその奥、奥、、、と色を重ねますが、一番奥はほとんど点に近い形で、色もかなり暗めです。

 

 

 そして、形がある程度表現できたら、マスキングを剥がします。

 

 

 マスキングを取った後の絵。いつものように、全体が少し明るくなります。

 

 

 

 各パーツの微調整、そしてラフィアのリボンを描き入れたら、、、

 

 

 12月のカレンダーのイラスト、リースの水彩画が完成です音譜パチパチパチ音譜

 

 、、、と、以上をもちまして、、、

 

 2017年カレンダー、すべての水彩画の制作過程をブログでご紹介しました。今年も1年間、このシリーズにお付き合い頂き、ありがとうございました(^^) そして、もちろん、来年もこのシリーズ、続きますよ~。2018年も、カレンダーの絵を楽しみながら、ブログの制作過程も合わせてお楽しみくださいね。更新、がんばりまーす。

 

 

 そういえば、昨年は、こんなリースもありました。ぜーんぶ月桂樹ローリエローリエローリエ こんなリースもかっこよくて素敵ですよね!

 

 

 そして、今現在のアトリエのリースがこれですラブラブ この子の色合いが、もしかしたら一番、12月の絵に近いかも。 もちろんナチュラル素材なので、少しずつ色褪せてゆきますが、でも、その色彩の過程を楽しむのも好き。また一年間、アトリエのサンルームでリースを愛でたいと思います。

 

 それにしても、寒い寒い12月、、、家の中も寒くて、いろいろ雑務はたまっているのに、なかなか思うように動けません。ブルブル雪の結晶雪雪の結晶雪の結晶ゆき

 年末、もちっとだけ暖かくなって欲しいなぁ、、、(切望)。

 

 

あべまりえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります