『カレンダー原画展』の様子 Vol.1 | watercolour space PAPIER

watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 緑と赤の混じる紅葉の中、パピエにて開催の『カレンダー原画展』が、昨日終了しました。 3日間という短いイベントでしたが、今年も沢山の方にお越し頂き、本当に賑やかに楽しくフィナーレを迎えることができました。皆さんには、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。今年も本当にありがとうございました。

 

 

 そして、賑やかに過ごした3日間、私はあまり写真を撮ることができず、、、なので、今回と次回のブログは、贅沢にもフォトデザイナーの佐々木香さんの画像をお借りして、展示の様子をお伝えしますね。佐々木さん、画像提供ありがとうございます!

 

 〔佐々木香さんのプロフィールはコチラ →♪♪♪ 〕

 

 

 では、まずは私の水彩画から、、、アトリエには、いつものように12枚のカレンダー用水彩画を飾らせていただきました。

 

 

 南イタリア、プーリア州で見た美しい風景を、自分なりに消化しての絵作り♪ 水彩画は、どのように色をのせていくか、最初にある程度の計画が必要です。そこを考えるのは楽しくもあり難しくもあり、、、でも、決して嫌いな作業ではありません。

 

 

 それぞれの水彩画は、ポストカードにもしています。

 

 

 アトリエには、庭のグリーンを持ち込み、さらに頂きものの柿なんかも置いて、なんとなく秋っぽい雰囲気作りをがんばってみました。(あり合わせディスプレイです ^_^;)

 

 

 そして、せっかくなので、いつも休憩スペースにしているリビングのピアノの上にも、過去の作品を展示。

 

 

 時短スケッチを集めたテーブルでは、皆さん足をとめてゆっくりページをめくってくださいました。完成したスケッチブックを楽しんでいただくことは、やっぱりとても嬉しいです。仕上げてよかった~って思います(^^)ラブラブ

 

 

 今回は、はじめましてのお客さまも多かったので、玄関ホールにも水彩画を展示させていただきました。

 

 

 飾り棚にも水彩イラストをいろいろ。こちらも皆さん、楽しんでくださいました。パンの絵は、いつも人気音譜

 

 、、、と、今年も、カレンダー用の水彩画を夏に描き始めて、その後カレンダーを作り、イベント準備をして、、、長い長い道のりを淡々と走ってきました。そして原画展が終わった後は、さすがに私も頭がボーーーッとして、何もできずにダウン。(笑)

 でも、今日一日、ゆっくり休ませていただき、再び頭も復活しました☆ なので、またお片づけその他、ぼちぼち進めていきたいと思います。

 

 

 

 ではでは、次回のブログでは、アトリエ奥のサンルーム、作家さんコーナーの様子がどんなだったかをお伝えしますね。素敵な雑貨が本当にいっぱいでしたので、どうかお楽しみに!!

 

 

【2018年カレンダーについてのお詫びとお知らせ】

 イベント初日に販売したカレンダーの中に、壁に掛けるフックが付いていないものが何冊か含まれていたことが分かりました。皆さんのお手元のカレンダーは大丈夫でしたでしょうか?

 お手数をおかけして申し訳ないのですが、今一度ご確認ください。もしフックが無い場合は、アトリエまでお送りいただきましたら交換させていただきますので、ご安心くださいね。

 

 詳細は、ホームページをご覧下さい。 → ♪♪♪

 

 それでは、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

あべまりえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります