watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 奈良県、宇陀松山地区への時短スケッチツアー(第一回目)が、いよいよ来週に迫ってまいりました。

当日が良いお天気に恵まれることを祈りつつ、またまた時短スケッチのコツを、少しご紹介したいと思います。

 

 ツアー参加の皆さんも、遠くでブログを楽しみにしてくださっている皆さんも、是非、「白い花」の模写練習にチャレンジしてみてくださいね。 

 

 

 いつも、時短スケッチのコツとして、色を塗りきらないとか、わざとはみ出すとか言っていますが、実は、白いものを描く時は例外です。なぜなら、白いものの形は、その周りを丁寧に着彩することでしか出せないからです。

 

 

 そんなわけで、白い花のまわりの色は、ペンラインに沿って丁寧に色を置いてください。

 

 

 そして、そのままグリーンをつなげて葉っぱを表現。でも、葉っぱは白いものではないので、ここまできたら、いつものように塗りきらず、わざとはみ出すを実践します。

 

 

 さらに、葉っぱと葉っぱの間に濃い色をのせると、奥行きが出ますし、葉っぱの形も出てきます。

 

 

  白い花の周りに、少しだけ背景色を入れるのも、一つの方法です。

  、、、と、こんな感じに完成です♪

 

 いつもそうなのですが、透明水彩絵具は、白いものの表現をいかに行うか、そこが結構な見せ場だったりします。真っ白なお花だけでなく、淡い色のお花も、同じようにペンラインに沿って葉っぱや背景色を置くと、形が出てきます。白い家や白いお皿、暗い中に明るく浮かび上がって見えるもの、、、それらをどうやって処理してゆくか、たとえ時短スケッチといえども、そこに個々の『絵作り』が要求されるのは、水彩画を描く時と、さほど変わりありません。

 『絵作り』とは、技法を学び、繰り返し描くことで技術として習得し、それらを自分がどのように絵に活かすか、、、ということ。他の人と同じである必要は全くありませんし、私の描く時短スケッチ表現だけが正解でもありません。 ただ、技法を学ぶには、やはり模写することも大切です。真似して描くことで、なるほど~と思えることが沢山ありますので(^^)

 

 そんなわけで、時短スケッチで白いものをどう表現するかも、いろいろ試みてくださいね。その試行錯誤が、ご自身の絵作りにつながりますので音譜

 

 

 

 話し変わって、こちら、アトリエ前のアジアンタム。夏にチリチリに枯れてしまったので切り戻しました。毎年同じことを繰り返していますが、何年もがんばって復活してくれます。愛いヤツです♪

 

 さぁ、それではまた、今週も一週間、がんばりましょうね。 これから気温も少しずつ下がるようですので、どうかお風邪などひかれませんように、、、(^^) いやはや、この時期は着るものが難しいです~。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

あべまりえさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります