watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 さて、美味しいランチでお腹いっぱいになり、レストランから外に出ると、、、

 

 なんと!嬉しいことに、午前中の嵐のような雲が消え去り、再び青空が見えているじゃあないですか!

 

 まだ街の路地歩きが全然出来ていなかったので、午後はとにかく、あちこち散策することにしました。スケッチもしたいけど、でも、旧市街の素敵なところも沢山見たい、、、そこで、スケッチは後から写真を見て描くという選択で(^^) 今日は街の画像を沢山、載せていきますね。

 

 

 太陽の光が当たると、白い街が急に明るくなります。

 

 

 バロック装飾の美しい窓辺にも、きれいな影が落ちています。

 

 

 こんな素敵な扉もあちこちに。

 

 

 見上げると、バルコニーの下までバロック装飾が、、、♪

 

 

 全くもって、、、どこもかしこも、、、

 

 

 

 古い装飾と白い壁の融合、、、

 

 

 とにかく、こんな扉だらけ!もったいないけど、だんだん見慣れてきます(笑)。さすがは“白いバロックの街”です。

 

 

 マルティーナ・フランカも、あちこちアーチだらけなので、こんなシーンもあちこちに♪

 

 

 それにしても、今日はアーチの下に洗濯物を干している場面によく遭遇したかも。あ、朝の天気が悪かったからかな?

 

 

 とにかく歩いて歩いて、時々、こんな二股の路地で、どちらに進むか迷いつつ、、、

 

 

 皆さんと一緒に、思いっきり街の散策を楽しみました。歩いているとスケッチポイントがあちこちにあって、本気でもう一日あったら良かったなぁと、、、いやはや、欲を言えばキリがありませんね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 さて、散策の後は再び奈美さんと合流し、マルティーナ・フランカにある最高級エキストラバージンオリーブオイル工房“L'ACROPOLI di PUGLIA” に連れて行っていただきました。

 

 

 こちら、工房4代目のヴィチェンツォさんです。本来、工房見学は予約が必要なのですが、奈美さんの計らいで特別にオリーブオイルが生まれるまでの工程を説明していただきました。(奈美さん、ここでも通訳ありがとうございました。)

 

 ※こちら、ヴィチェンツォさんと私達の画像は、“L'ACROPOLI di PUGLIA”のfacebookからお借りしました。

 

 、、、さて、、、

 

 旅レポ、これで約半分ほど進んだでしょうか。ぼちぼち更新しますので、引き続きお付き合いいただけたら幸いです。

 

 

 それにしても、今日の昼間は暑かったですね~。 アトリエの午後のレッスンで、今年初の冷房をつけました。この夏は猛暑との噂も、、、いやだなぁ~

 

 ではでは、今週も始まったばかりですが、暑さに負けず、何とかがんばりましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)