watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 さて、来月イタリアに旅立つ前に、もういっちょう、時短スケッチのコツ話を更新させていただきます。

 どうかお付き合いくださいね。

 

 

 こちら、木々の葉っぱです。ペン入れする際、葉っぱの先を細く描くよう意識すると、より葉っぱらしくなります。

 

 

 着彩は、もちろん塗りきらず、わざと線からはみ出してください。塗り絵ではなく、あくまでも時短スケッチです。

 

 

 そして、描けたスケッチが少し物足りない時に役立つのが、筆をたたいて絵具をパラパラっと落とす、“散布”です。これ、結構画面を引き締めてくれるので、とても好きな技法、、、なのですが、乾くのに少し時間がかかります。屋外スケッチで時間に追われている場合は、後から家やお宿でされることをお勧めします。

 

 

 

 自然物に慣れてきたら、身近なモチーフを正面から見た構図で描いてみましょう。斜めから見るよりはずっと描きやすいので、スケッチ初期の頃にはオススメです。

 

 

 地面を塗る時、筆の動きは横向きで、、、

 

 

 江坂公園のベンチは、可愛いピンク色でした♪

 

 

 これで完成です。

 

 スケッチブックに描く場合、画面の余白が多くなっても気にせず、むしろ余白を楽しんでいただけたらと思います。後でバランスを見ながら、何か文字を入れても良いですし、お持ちのスタンプを捺しても素敵になります。描くことに慣れてきたら、紙の余白をどのように残すかも考えながら、スケッチしてみてくださいね。

 

 

 

 最後は、マトリカリアのお花でもどうぞ~。

 

 明日は久しぶりの美容院音譜 春なので、少し軽い感じのヘアスタイルにしたいなぁ~、、、と、、、。

 まぁ、いつも一生懸命考えて行っても、結局、同じような髪型になるのですが(^_^.) ははは。

 

 ではでは皆さん、今日も一日、お疲れさまでした花花花花花 &明日も頑張りましょうね。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)