watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 おかげさまで、昨夜はぐっすり眠り、今日からほぼ復活しました。 そして、ぼちぼち家の片付けもしています。


 今回も、展示会の間にいろいろあって、皆さんには大変ご心配をおかけしましたこと、本当にすみませんでした。

 でもでも、皆さんの様々なフォローや、温かいお声かけ、励ましに救われ、なんとか無事にイベントを終えることが出来ました。そのことに、今、心から感謝しています。本当にありがとうございました。


 ではでは、『パピエ水彩展』は終了しましたが、展示の様子を、引き続きご覧下さい。




 アトリエの一角に、“イラスト&カリグラフィー教室”の生徒さん達の展示コーナーがあります。文字とイラストの両方を学ぶ教室の皆さんの作品たちです。




 春らしいタンポポのイラスト、、、見ていると気持ちがポカポカしますね。




 優しい色合いが素敵♪描かれたご本人の雰囲気にピッタリ合っている作品です。



 

 一つ一つのイラストが、とっても魅力的~。文字もとてもきれいです!




 文字、がんばって沢山描かれました!飾り罫のバランスも良い感じです。




 こちらは、アコーディオンブックの課題作品です。




 こんなちっちゃなスケッチも大好き!楽しいですね。


 

 本当に、文字とイラストの両方が出来ると、作品の可能性もグッと広がります。文字練習は、ほとんど写経感覚ですが、でも、練習すれば確実に上達します。練習はとっても大事。 皆さん、まだまだこれからもがんばりましょうね! 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 そんでもって、作品展直前まで制作していた私の作品も、アトリエに展示させて頂きました。

 どうか見てやってください。



 文字について、人には練習が大事!、、、とか言ってるくせに、自分自身は大して練習出来ていないという情けない私(-_-;)。 、、、ですが、今回は少しだけ、真面目に文字練習してました。(にわか練習とも言いますが。)




 作品は、フランスの田舎町で出会った風景と、スペンサリアン体を合わせて、こんな感じに完成です。

(前日夜に額装という、ほんとにギリギリの完成でした。 間に合ってよかった~。)


 ここは、少し大きな田舎町の散策途中で、偶然出会った場所なのですが、なんというか、この一角だけ空気の色が違っていて、すんごく素敵だったのです。バラの花びらが沢山落ちた地面も魅力的でした。ずっとここを描いてみたいと思っていたので、今回、形に出来て嬉しいです。



  それでは、次回は母屋のリビングルームの展示をご紹介しますね。引き続き、『パピエ水彩展』の様子をお楽しみください。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)