watercolour space PAPIER

大阪北摂のアトリエにて、水彩教室『パピエ』を開催。暮らしの中で、水彩を楽しんでいます。
雑貨イラスト等の作成依頼も、お受けしています。日々のこと、旅の話、、、などなど。


テーマ:

 いつもブラッシュライティングのレッスンをご一緒している、高木裕美子さんは、温かみのある書と顔彩で描く草花の作品が素敵な作家さん。

 先日、そんな彼女にご招待頂き、初めて、京都の園部町まで行って来ました。


 高木さんは、古い日本家屋をリノベーションして、とても素敵な田舎暮らしをされています。




 お玄関入ってすぐ、昔の古い冷蔵庫がなにげに置いてあって、目が釘付け☆




 そして、彼女の作品も、お家のあちこちに、素敵に飾られています。この空間に似合うなぁ~。




 日の良く当たる縁側では、グリーンたちが気持ち良さそう♪ なんだか、とても落ち着く空間で、日頃のバタバタも忘れ、ただただボケーッと過ごしてしまいました。




 お庭にはゆずがたくさん生っていて、何個かお土産に♪ いろんなお花もたくさん咲いていて、そこをゆっくり歩くだけでも楽しかった~。小さな花たちを愛でる高木さん、、、とても可愛い女性です。


 そして、今住んでおられるお家の前に、もう一軒古い空家があって、先日なんと、思い切って購入されたとのこと。これから来年に向けて、そこは多目的スペースに変身するのだそうです。素敵~。

  家へと続く道に桜の木がたくさん並んでいたので、来年、お花見の季節に、また見に来させて頂きたいなぁ、、、と思います(^o^)




 園部の町には、このようにお店が並んでいる通りがあるのですが、実はそこの看板たち、すべて、書家である彼女が手がけたもの。噂が噂を呼び、少しずつ依頼が続き、気がつけば何十軒ものお店の看板を引き受けることになったのだとか。彼女は、本当にほっとする優しい字を書かれます。





 昨年、他界されたお父様を偲んで開催された作品展、、、実は私は、行くことが出来なかったのですが、念願かなってその時の作品を見せて頂くことができました。 そしてこの一節に、つい涙が、、、。彼女の言葉は、本当に心に沁みますね~。




 そうそう、ランチは、園部にある割烹『ひぐち』にて頂きました。京都で修行をつまれたというだけあって、どの一品も丁寧で美味しかったです~。




 、、、と、まぁ、このように、忙しい忙しいと言いながらも、時々しっかりリフレッシュしております(^^) 毎年この時期は、『カレンダー原画展』に向けての準備でバタバタしていますが、でも、なるべく楽しみながら、いろんな雑務をこなしていきたいと思います。


 さて、明日は庭とリビングのお掃除です☆ 運動のつもりで、しっかりがんばります!


 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)